• TOP
  • 国内
  • 娘に「早く出て行ってほしい」と語ったシングルマザーの真意

国内

2018.02.14 16:00  女性セブン

娘に「早く出て行ってほしい」と語ったシングルマザーの真意

娘を遠ざけた母が隠していたこと(写真/アフロ)

「苦痛を共にした家庭は、安息の快楽を共にすることができる」とは、歌人・伊藤佐千夫の言葉。近くにいるからこそ、その大切さに気づきにくいのが家族の愛。苦労を共にしたその果てに見えた心温まる21才・学生の女性によるエピソードをどうぞ。

 * * *
 私の家族は母と姉。母子家庭です。貧しいながらも仲よくやっていたのですが、私が高校1年になると、母はことあるごとに私たち姉妹に、「早く自立して、出て行ってほしいわ」と言うようになりました。家事も分担制になり、母の帰りも遅くなっていきました。

 いつもイライラし、私たちを遠ざけようとするので、

「彼氏ができたから、私たちが邪魔になったんじゃない」

 姉とそう愚痴を言い合っては不信感を募らせ、母を無視するようになりました。

 そんなある日、学校から帰ると珍しく母がいて、机に突っ伏していました。寝ているのかと思ったのですが目が開いています。様子がおかしいと母の腕に触れて驚きました。異常に細かったのです。急いで救急車を呼びました。

 母は2年前からALS(筋萎縮性側索硬化症)という病気を患っていたことがわかりました。ALSは徐々に筋肉がやせ、立つことも、食べることも、呼吸さえできなくなる病気です。母は診断を受けた時、いつ自分が死んでも私と姉が生きていけるよう、自立させることを考えたそうです。そして、体が動くうちにお金を貯めようと仕事を増やしたのです。

 すでに就職している姉が、母の退院祝いに家族3人で温泉旅行に行こうと提案してくれました。この旅行で母は以前のやさしい母に戻りました。私も知らなかったとはいえ、母に冷たく当たったことを後悔しました。

 退院後、車椅子生活になった母は、これからしゃべることもできなくなるそうです。母は私たちに家を出ろと言っていましたが、私たちは家に残り、少しでも母といられる時間を大切にしようと思っています。

※女性セブン2018年2月22日号

関連記事

トピックス