芸能

さとう珠緒ら「スーパー戦隊」シリーズ 懐かしのヒロイン達

皆がチャンネルを合わせる「戦隊モノ」を振り返る

 40年以上の歴史を持つ特撮番組のスーパー戦隊シリーズには、必ずヒロインが登場する。今なお続くヒロインの系譜を振り返ってみよう。

●小牧リサ/『秘密戦隊ゴレンジャー』(1975~1977年、テレビ朝日系)
ペギー松山/モモレンジャー役

 今なお続くスーパー戦隊シリーズの第1作で、ヒロイン=桃(ピンク)のイメージカラーを決定づけた。モモレンジャー役の小牧リサは、オーディションで「太腿が太い」とプロデューサーに言われたそうだが、クラシックバレエ仕込みのY字バランスを見事に決め、一発合格となった。連日のハードな撮影で一時は体重が8キロも落ちたが、それでも、負けず嫌いな性格も手伝って全84話を完走。決めゼリフの「いいわね? いくわよ!」は子供たちの流行語になった。

●大川めぐみ/『大戦隊ゴーグルファイブ』(1982~1983年、テレビ朝日系)
桃園ミキ/ゴーグルピンク役

 モデルを経て、本作の桃園ミキ(ゴーグルピンク)役で女優デビューし、人気が爆発。新体操選手から隊員に選ばれたという設定で武器はリボンやバトンなど。シリーズ中4話で、芸者やメキシコ娘、フランス人形などの変装を披露した。

●千葉麗子/『恐竜戦隊ジュウレンジャー』(1992~1993年、テレビ朝日系)
メイ/プテラレンジャー役

 17歳で本作に登場すると、その透明感と愛らしいルックスから「チバレイ」の愛称で人気を集めた。劇中ではたびたび髪型を変えたり、途中からキュロットスカートをホットパンツにチェンジしたりするなど、常に「見せる」ことを意識していた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
プーチン大統領は何もかも秘密…(写真/イタルタス通信=共同)
「プーチン大統領の排泄物番」は出世コース ロシアの国家機密を守る超エリート
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト