• TOP
  • ライフ
  • 人気のネット将棋「将棋倶楽部24」「将棋ウォーズ」の特徴

ライフ

2018.02.28 16:00  週刊ポスト

人気のネット将棋「将棋倶楽部24」「将棋ウォーズ」の特徴

「将棋ウォーズ」は様々なイベントも開催

 将棋ブームのなかで利用者が増えているのが「ネット将棋」だ。将棋連盟が運営している対局サイト「将棋倶楽部24」と連盟公認の「将棋ウォーズ」が人気。「ネットゲーム」と聞くと、「パソコンやスマホに詳しい世代のもの」と敬遠する人もいるかもしれないが、決して難しいものではない。

 将棋連盟によると、「将棋倶楽部24」の利用者は約30万人。そのうち約20%が60歳以上で、スマホよりパソコンでの利用者が多いという。

「『将棋倶楽部24』は、登録・観戦・対局のすべてが無料です。対局数は月に100万局以上。1日あたり3万~4万局といったところ。ほぼ24時間どこでも相手が見つかると考えていいと思います」(将棋連盟特別顧問の久米宏氏)

 始め方はまず、「将棋倶楽部24」の公式サイトにアクセス。「会員登録」を選んでIDとパスワードを決めて入力する。この時に、自分の棋力(初心者~五段)も自己申告して設定する。

 登録が完了したらログインし、「対局」をクリック。対局ソフトをダウンロードしたら、立ち上がった画面の「入場」をクリック。

 するとID・パスワードを求められるので入力。続く「対局室」の画面では希望する「待ち状態」を選択する。これは“持ち時間をどのくらいにするか”を選べるということで、選択肢には一手30秒の「早指」から持ち時間30分(持ち時間が切れたら一手60秒)の「長考」まで4段階がある。

 設定したら、対戦相手がやってくるのを待つ。一覧表示されるなかから相手を選んで申し込むこともできる。

関連記事

トピックス