国内

AI普及で仕事が奪われるは間違い? むしろ増えるとの説も

ユカイ工学が製造した見守りロボット『BOCCO』

 スマートフォンやスマートスピーカーの音声認識機能など、「AI」がより身近なものとなっている昨今。矢野経済研究所では2025年には世界でAIによる自動運転の車の数は2300万台を超えるという見込みを発表している。

 会社でも家庭でもAIが席捲するような社会が現実味を帯びるなか、「このままでは人間がAIに仕事を奪われるのでは」と心配する声も多く聞こえる。

 野村総研の発表によれば20年後には日本の労働人口の49%が人工知能やロボットで代替可能になるという。

『2001年宇宙の旅』『A.I.』『アイ・ロボット』など、最初は人間をサポートしていたAIがどんどん人間界に侵食していき、やがて私たちがコントロールできる範囲を超え、「人間 vs AI」の構図へと変わっていく様子は映画でも繰り返し描かれてきた。

 そんなの夢物語だと思っていたけれど、もしかして、このままいけば夫はAIに職を奪われ、子供はロボットとしかコミュニケーションを取れなくなり、わが家も機械に侵食される? そう考えると、明るいAIスピーカーの声も不気味に思えてくる…。

 が、人工知能学会会長で国立情報学研究所教授の山田誠二氏は、「それはありえない」と断言する。

「約半数の仕事がAIに取って代わるという認識は誤解です。人間の仕事は細かいうえに多岐にわたる。一部がAIに代替されたとしても、1人の人間の仕事が丸ごと乗っ取られるとは考えにくい。たとえば単純と思われがちなコンビニ店員の仕事でも、レジ打ちにおでんの仕込み、トイレ掃除などを合わせると、およそ数十種類あります。すべてをAIが行うことはほぼ不可能です」

 機械が人間の仕事を奪った例としてよく出されるのが、駅の自動改札だ。確かに今では駅員が手で切符を切る姿はほとんど見られないが、駅員がいなくなったわけではないと山田氏は指摘する。

「自動改札機ができても駅員は大量リストラされることはなく、構内で別の仕事を続けています。これと同様に、たとえこの先にAIが人間の仕事の一部を担うようになっても、AIの管理やメンテナンス、研究開発は人間の仕事。むしろAIの普及により、そうした新しい仕事が増える可能性は高い」

 AIは人間の生活を侵食する“敵”ではなく、つらい作業を担い、助けてくれる“パートナー”になるのだろう。そこで注目されるのが、AIの「人と人をつなぐ」能力を利用したビジネスだ。

関連キーワード

トピックス

訪英に向け、慎重を期されている(4月、東京・千代田区。撮影/JMPA)
【消せないトラウマ】雅子さま、訪英直前の記者会見は欠席か ロンドン到着後の日程も不透明 「慎重すぎるのでは…」との指摘も
女性セブン
坂口憲二(時事通信フォト)
映画『キングダム』“第5弾以降”の撮影が7月に開始へ、坂口憲二が出演か 『教場』で共演した木村拓哉が復帰を後押し
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者
《鹿児島2歳児カッター切りつけ》3月末に10人退職…“要塞”と揶揄される保育園の中で何が「口調の強い園長先生」「新卒職員が2カ月で髪ボサボサで保護者会に…」近隣住民語る10年前の異変
NEWSポストセブン
上重聡さんが野球YouTubeの魅力を語る
甲子園で松坂大輔と投げ合った元日テレ・上重聡アナが語る野球YouTubeの魅力と「視聴必至のチャンネル」4選
週刊ポスト
「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
トンボ論文で話題になった悠仁さま
悠仁さま「トンボ研究」が一段落 赤坂御用地内の御池の改修工事は10年の沈黙を破って再開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト