スポーツ

羽生結弦、4月から早大6年生も「退学したくない」

絶対王者は文武両道

 66年ぶりの五輪連覇を果たし、国民栄誉賞を受賞予定で、サイン入りスケート靴をオークションに出せば850万円を超え、売り上げは寄付。一挙手一投足が「完璧」「王子」という超人・羽生結弦(23才)が留年の危機を迎えている。

 羽生は現在、早稲田大学の現役の学生だ。国際スケート連盟のプロフィール欄にも「大学生」と明記されている。

「高校卒業時点で企業に所属することもできましたが、アスリートこそ社会性を身につけるべきだと、進学を決めました。早稲田大学を選んだのは、トリノ五輪金メダリストで高校の先輩でもある早稲田OGの荒川静香さんの影響。2013年に一般入試を受けて合格しました」(フィギュアスケート関係者)

 今年は2018年。ということは…。

「春からは羽生くん、6年生になるみたいですね。とはいえ、早稲田には “4年卒業三流”という言葉があって、4年で卒業する人は三流、留年する人は二流、中退が一流といわれます。つまり、しっかりやりたいことをやっている人ほど留年するし、留年は珍しくないということです。だから羽生くんレベルが普通に卒業してはダメですよ(笑い)」(早大の学生)

 羽生の所属は、早稲田大学人間科学部人間情報学科通信教育課程『eスクール』。練習拠点をカナダに置く羽生は、練習の合間にインターネット経由で授業を受けていた。

「早稲田の通信課程は課題も多く、特に卒業が難しいといわれています。4割ほどが、紗栄子(31才)や手越祐也(30才)のように中退します」(芸能関係者)

 それでも、羽生にとって辞めるという選択肢は今のところなく、「絶対に卒業したい」「退学したくない」と周囲に語っているという。

「“一流のスケーターである前に一流の人であれ”と言ってきた中学校の校長であるお父さんの影響も大きいと思います。それに学び続けることが、スケートのいい演技につながると考えているようです。心理学はメンタルの整え方、人間工学はジャンプの動きの客観視に生きたそうです」(前出・スケート関係者)

 足の治療に専念するため19日から始まる世界選手権(イタリア)の欠場を発表した羽生。2週間の安静と3か月のリハビリ加療に入る。久しぶりに勉強に専念できる時間が取れるか。

※女性セブン2018年3月29日・4月5日号

関連記事

トピックス

羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
古手川祐子
《独占》事実上の“引退状態”にある古手川祐子、娘が語る“意外な今”「気力も体力も衰えてしまったみたいで…」
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
入社辞退者が続出しているいなば食品(HPより)
「礼を尽くさないと」いなば食品の社長は入社辞退者に“謝罪行脚”、担当者が明かした「怪文書リリース」が生まれた背景
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
入社辞退者が続出しているいなば食品(HPより)
いなば食品、入社辞退者が憤る内定後の『一般職採用です』告知「ボロ家」よりも許せなかったこと「待遇わからず」「想定していた働き方と全然違う」
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン