• TOP
  • 芸能
  • ゴールデン連ドラ初主演の菜々緒「仕事と恋愛両立できない」

芸能

2018.04.14 07:00  女性セブン

ゴールデン連ドラ初主演の菜々緒「仕事と恋愛両立できない」

主演ドラマ『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』が放送開始

 4月14日スタートの日本テレビ系ドラマ『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』でゴールデンタイムの連続ドラマでは初めての主演を務める菜々緒(29才)。

「最初の頃は、これで嫌われてお仕事がなくなっちゃったら…と不安もあったんですけど、今まで悪女役をいっぱい演じてきてよかったなと思います。いろいろな悪女のエッセンスを詰めこんで、椿眞子というキャラクターをより強いものにしていきたい。私の代表作になると思います」

 時に冷酷非情とも思える手法で会社を立て直すために尽力する眞子は、仕事一筋に生きているキャリアウーマン。

「私も器用ではないから、仕事と恋愛は両立できないんです。仕事があればあるほど集中したいので、プライベートは捨てるタイプ(笑い)。両立している女性も多いから憧れはあるんですけどね…。母は専業主婦だったんですけど、兄と私が年子だったので2人同時に育てていたなんて本当にすごいな…と。女性の強さをしみじみ感じます」

 仕事に生きる眞子にはラブストーリーの展開はなさそうだが、Sexy Zoneの佐藤勝利(21才)が演じる新入社員・博史と眞子の関係を、「男女が逆転しているようなイメージ」だという。

「眞子が壁ドンのようなことをしたり、ネクタイをグイッとつかんだりするシーンもあるんです。だから私はダークヒーローで、佐藤勝利くんがヒロイン枠だなって思っています(笑い)」

撮影/藤澤大祐

※女性セブン2018年4月26日号

関連記事

トピックス