芸能

とんねるず後のフジ坂上忍番組 『爆報』と差別化できるか

『直撃!シンソウ坂上』はどんなオリジナリティを出せるか

 フジテレビで『とんねるずのみなさんのおかげでした』など29年半続いたとんねるずの番組の後番組として、4月から木曜夜9時に『直撃!シンソウ坂上』がスタートした。19日の初回2時間スペシャルは視聴率8.7%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)という結果だった。テレビ局関係者が話す。

「2ケタいけば万々歳でしたが、最近のフジの中では及第点の数字。とんねるずの末期は5~7%くらいでしたからね。ただし、『バイキング』の初回が『笑っていいとも!』の後番組として注目されたように、長寿番組終了後の初回はそれなりの数字が出る。問題は2回目でしょう」

 同番組は、〈世間を騒がせた「人・事件」の“今”に、坂上忍をはじめとしたジャーナリストリポーターたちが追跡&直撃し、真相を突き止めていく“ジャーナリズムバラエティー〉と銘打たれている。番組初回は1979年の三菱銀行立てこもり事件と、1980年代のトップアイドル『シブがき隊』のメンバーだった薬丸裕英に焦点を当てた。

「坂上は子役時代から数えて芸歴47年と芸能界の酸いも甘いもよく知っており、司会としても適任。帯で『バイキング』を放送しており、いわゆるワイドショーネタとの親和性も高い。また、高樹沙耶や清水アキラなど2017年に芸能界を騒がせた人物に坂上自らが取材した昨年12月29日の『バイキング・ザ・ゴールデン』が視聴率9.1%を獲得。年末のゴールデン帯という激戦区で健闘したことも、レギュラー化を後押ししたようです」(同前)

 2回目は、1980年代に暴力事件で波紋を呼んだ戸塚ヨットスクールの戸塚宏を取り上げる。芸能人が今まで話さなかったことを告白し、『あの人は今』のような特集もある。この切り口は、『爆報!THEフライデー』(TBS系)と似ているというのは、前出のテレビ局関係者だ。

「『爆報』は週間視聴率ランキングで、毎週のようにベスト20に入る高視聴率番組。既に類似のレギュラー番組があってもおかしくなかったが、出演者を口説いたり、毎回目玉となる大物をブッキングしたりするのは、かなりの労力が必要なこともあり、これまでレギュラーに踏み切る局がなかった」(同前)

関連記事

トピックス

(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》徹底した秘密主義で「このタイミング」だった理由「左手薬指へのキス」にファン違和感
NEWSポストセブン
「チョメチョメ」や昭和のスターや歌謡曲のオマージュなど小ネタが
いっぱいのドラマ『不適切にもほどがある!』に大ハマり中です!(番組のインスタグラムより)
【『不適切にもほどがある!』の魅力】昭和スターや歌謡曲オマージュも満載!“脚本のすべてを聞き逃したくない”から何度も見てしまう
女性セブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
芳根京子の奏でる“音色” 『映画ドラえもん のび太の地球交響楽』で歌姫・ミーナの声を担当 
芳根京子の奏でる“音色” 『映画ドラえもん のび太の地球交響楽』で歌姫・ミーナの声を担当 
女性セブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
初の食事を伴う公式行事として、ケニア大統領夫妻との昼食会に臨まれた(2月、東京・千代田区。代表撮影/時事通信フォト)
愛子さま、天皇皇后両陛下の被災地訪問にご同行への期待 先延ばしになっていた“お伊勢参り”も実現か
女性セブン
大谷翔平(時事通信フォト)
【大谷翔平が被害】韓国メディアがドジャースのクラブハウスで無断撮影、着替え動画公開で出禁 現場を荒らす行為に番記者たちも怒り心頭
女性セブン
子供6人を育てる谷原章介
《独自》谷原章介のイケメン長男が芸能界デビューへ「好きなドラマ」には『未成年』と回答「俳優の父の影響で…」 谷原は「自分の力で頑張って」と認める
NEWSポストセブン
映画『ウィンターソング』に出演した金城(2006年撮影)
《SNSを駆け巡った俳優・金城武の結婚》お相手は元日テレの人気女性アナウンサー、所属事務所は「面識もない」全否定の真相
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン