芸能

柳亭こみち 「不自然さ」を感じさせないさわやかな人情喜劇

柳亭こみちの魅力を落語通が語る

 音楽誌『BURRN!』編集長の広瀬和生氏は、1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日ナマの高座に接している。広瀬氏の週刊ポスト連載「落語の目利き」より、2017年9月に真打ちに昇進した女性落語家、柳亭こみちの、古典落語の切れ味のよさについてお届けする。

 * * *
 昨年11月にフジテレビ系で放映されたドキュメンタリー「オンナたちの分岐点」で、柳亭こみちの「真打昇進への戦い」が取り上げられていた。ストーリーの軸となったのは「師匠(柳亭燕路)から教わった『紺屋高尾』を昇進披露興行で演る許可を得る」こと。その『紺屋高尾』を僕は3月13日の独演会「落語坐こみち堂VI」(国立演芸場)で観た。

 紺屋の職人久蔵が吉原随一の花魁高尾太夫に恋をして3年間働いた金で会いに行き、その純情にほだされた高尾が久蔵の女房になる『紺屋高尾』。講釈にも浪曲にもあるこの物語を落語として有名にしたのは六代目三遊亭圓生。立川談志は講釈師の五代目一龍斎貞丈から教わった『紺屋高尾』に浪曲のテイストを盛り込んで十八番とした。今演じられている『紺屋高尾』は大まかに言って圓生系と談志系に分かれる。

 こみちが演じたのは圓生系。ただし圓生が高尾の年季が明けるのを「来年2月15日」としていたのと異なり、談志系と同じく「3月15日」としている。五代目圓楽や桂歌丸などは圓生の型を「2月」のまま継承したが、燕路がこみちに教えたように、今では圓生系でも「3月」で演るのが主流となっている。

「流山のお大尽」と偽って高尾に会った久蔵が本当は紺屋の職人だと打ち明ける場面、こみちは「その証拠に藍で染まったこの手を見てください」と演った。これはもともと談志系の演出で、圓生は「手の藍を落として行く」ことにしていたが、今では圓生系でもたいてい「この手を見てください」と演る(ただし、それ以前に久蔵が先生の助言で手を見せないよう頑張って懐手をしている描写があるのは談志系だけ)。

関連記事

トピックス

小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子の中国進出は成功するか バラエティースキルを活かせるかは未知数、反日感情の影響も
NEWSポストセブン
14日聖望学園戦9回表、内角の球をライトスタンドに運ぶ大阪桐蔭3年・松尾汐恩(時事通信フォト)
大阪桐蔭の「扇の要」松尾汐恩を開花させたショートからキャッチャーへの転向秘話
NEWSポストセブン
元NHK・内藤裕子アナが入局当時のエピソードを語る
【全6局「人気女子アナ」同窓会#2】民放が参考にしていたNHKのアクセント
週刊ポスト
1946年1月25日、新発売の煙草「ピース」を求める人々が銀座松屋に列を成す。写真=庭田杏珠 × 渡邉英徳『AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争』(光文社 2020年)より
鮮やかによみがえる「終戦と復興」写真のカラー化がもたらす記憶の“解凍”
週刊ポスト
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
左から元NHK・内藤裕子、元日本テレビ・馬場典子、元テレビ朝日・石井希和、元TBS・竹内香苗、元テレビ東京・亀井京子、元フジテレビ・中村仁美
【全6局「人気女子アナ」同窓会#1】給料、社食…新人時代はクレーム対応も
週刊ポスト
約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン