• TOP
  • 桂歌丸

桂歌丸一覧

【桂歌丸】に関するニュースを集めたページです。

「死ぬよりつらい」肺炎は若くてもかかる、その恐怖と対策

「死ぬよりつらい」肺炎は若くてもかかる、その恐怖と対策

 どんな病気にも、苦痛はつきものだ。虫歯や片頭痛、花粉症のように、直接命にかかわらなくても、「死ぬほどつらい」思いをしたことはだれ…

2020.06.16 16:00  女性セブン

(写真/GettyImages、時事通信社)

苦しくてたまらない…ほとんどの病気が「最後は肺炎で死ぬ」

「まさに“陸で溺れる”という感じで、いくら息を吸っても肺に空気が入ってきた感じがせず、苦しくてたまらない状態がずっと続くんです」(50…

2020.06.13 07:00  女性セブン

高田文夫が見た「三遊亭小遊三と春風亭昇太」

高田文夫が見た「三遊亭小遊三と春風亭昇太」

 放送作家、タレント、演芸評論家で立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト…

2019.07.10 16:00  週刊ポスト

ケーシー高峰さん 桂歌丸師匠に発奮しボンベ姿で舞台に立った

ケーシー高峰さん 桂歌丸師匠に発奮しボンベ姿で舞台に…

「乳房と股間の間には女性特有の性感帯がある。医学的にはこれを“青函連絡船”という」「女性の乳房は揉んでから吸わないといけない。逆だと“…

2019.04.16 16:00  週刊ポスト

三遊亭白馬がトリを務めた寄席の魅力を語る

古今亭寿輔 妖気とも言うべき空気感が支配する寄席の秘境

 音楽誌『BURRN!』編集長の広瀬和生氏は、1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日ナマの高座に接している。広瀬氏の週刊ポスト連載「落語の…

2019.04.06 16:00  週刊ポスト

桂歌丸さんの相続 一番弟子が語る“師匠にもらった遺産”

桂歌丸さんの相続 一番弟子が語る“師匠にもらった遺産”

 半世紀にわたって『笑点』(日本テレビ系)に出演し、昭和から平成のお茶の間に笑いをもたらした桂歌丸さんは昨年7月、惜しまれながら亡く…

2019.03.26 07:00  マネーポストWEB

『笑点』の高視聴率が暗示する「高齢者の消費マインド低迷」

『笑点』の高視聴率が暗示する「高齢者の消費マインド低…

 国民的人気を誇る長寿演芸番組『笑点』(日本テレビ系)の視聴率が好調だ。12月2日放送分の平均視聴率は20.0%、9日放送分は19.2%、16日…

2018.12.23 07:00  マネーポストWEB

「昏睡状態の歌丸師匠が起こした奇跡」を山田たかおが明かす

「昏睡状態の歌丸師匠が起こした奇跡」を山田たかおが明…

“テレビ離れ”と言われるいま、それでも視聴率20%をたびたび叩き出す『笑点』(日本テレビ系)の司会者としても知られた落語家の桂歌丸さん…

2018.12.17 07:00  週刊ポスト

桂歌丸さん逝去で春風亭昇太に「俺がやらなきゃ」の覚悟

桂歌丸さん逝去で春風亭昇太に「俺がやらなきゃ」の覚悟

 桂歌丸(享年81)の逝去後初の放送となった7月8日の『笑点』では、大喜利コーナーの現メンバー7人が時にしんみりと、時に笑いを交えて故人…

2018.07.24 16:00  週刊ポスト

桂歌丸さんが記者に託した「夜8時のお小言」と「妻への思い」

桂歌丸さんが記者に託した「夜8時のお小言」と「妻への思…

「またあなたですか。あなたが電話をかけてくるってカミさんから聞くたび、あたしゃ眠たい目を擦りながら待ってなきゃいけないから大変です…

2018.07.08 07:00  週刊ポスト

『笑点』元ディレクターの美人女将がいる台東区の小料理店

『笑点』元ディレクターの美人女将がいる台東区の小料理店

 美味と美酒にはやっぱり美女がよく似合う──。東京・台東区にある落語・小料理店「やきもち」では、女将歴1年8か月の美人女将、中田志保さ…

2018.05.10 07:00  週刊ポスト

三遊亭白馬がトリを務めた寄席の魅力を語る

柳亭こみち 「不自然さ」を感じさせないさわやかな人情…

 音楽誌『BURRN!』編集長の広瀬和生氏は、1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日ナマの高座に接している。広瀬氏の週刊ポスト連載「落語の…

2018.04.26 16:00  週刊ポスト

桂歌丸が語る裸芸批判の真意「起用する側にも責任ある」

桂歌丸が語る裸芸批判の真意「起用する側にも責任ある」

「入退院を繰り返して、“肺炎”な騒ぎになっておりました」「入院中も欠かさず『笑点』は見ていました。必ず私の悪口が出る。油断できない」…

2017.06.25 16:00  週刊ポスト

落語芸術協会会長のポスト歌丸問題と円楽の壮大な夢

落語芸術協会会長のポスト歌丸問題と円楽の壮大な夢

 古典落語の人気演目「片棒」は、引退を前にした江戸商人・赤螺屋(あかにしや)が3人の息子の誰を店の跡継ぎにするか悩むところから物語が…

2017.05.24 07:00  週刊ポスト

桂歌丸「延命装置をつけるのは絶対やめようと妻と話した」

桂歌丸「延命装置をつけるのは絶対やめようと妻と話した」

 落語歴65年、御年80歳。桂歌丸の鼻から伸びたチューブはステージ後方にある酸素吸入器へと繋がれている。声にハリはあるがこの機材を用意…

2017.02.18 07:00  週刊ポスト

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

トピックス