国内

【日大解剖】理事長肝煎りの危機管理学部開校式に出席した大物

日大に危機管理学部を創設した田中理事長(共同通信社)

 昨今もっとも注目されている大学といえば、“アメフト悪質タックル”のニュースが連日報じられている日本大学だろう。輩出した卒業生数は116万人で、現役の学生数は6万7933人(通信教育部・短期大学部を含めると7万8379人)と全国1位。

 そんな巨大組織である日本大学の学部・学科の拡大路線に、田中英壽理事長が新たな一ページを加えたのは2016年のことだ。東京・三軒茶屋に危機管理学部とスポーツ科学部を開設したことで、学部は16、学科は87に達した。

 注目されたのは、警察OBの高級官僚が並んだ危機管理学部の教授陣だ。インテリジェンスを専門にする茂田忠良教授は、1975年に警察庁入庁の元四国管区警察局長。警察行政の金山泰介教授は1980年入庁の元埼玉県警本部長。河本志朗教授も山口県警から外務省、警察庁に勤務した後、国際テロなどを専門とする研究者に転じた元警察官である。ジャーナリストの伊藤博敏氏が解説する。

「高級官僚と日大の間を取り持ったのは警察OBの亀井静香衆院議員(当時)だといわれています。2013年にアルジェリアで起きた日揮社員らの人質事件をきっかけに危機管理という分野に注目が集まるなかで田中氏は危機管理学部の着想を得たといい、警察OBにとっては再就職先が、田中氏にとっては28年ぶりの学部新設を錚々たる陣容で成し遂げるという結果になった」

 開校式当日に開かれた祝賀会では、田中氏のテーブルに亀井氏、森喜朗元首相、國松孝次元警察庁長官が着く盛況ぶりだったという。

 だが、今回の悪質タックル後の日大のお粗末な対応を見るにつけ、“危機管理学部教授”たちがアドバイスする態勢にはなっていなかったようだ。あの「悪質プレー指示」が、「スポーツ科学」の真逆の行為であることも言を俟たない。

関連記事

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
SNSでの発信力も大きい新庄ビッグボス(時事通信フォト)
新庄ビッグボスのインスタ投稿が波紋 「ファンとそれ以外の分断を煽る」の指摘も
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン