• TOP
  • 国内
  • ふぐの卵巣のぬか漬けも 発酵食品に特化した珍しい道の駅

国内

2018.05.29 16:00  女性セブン

ふぐの卵巣のぬか漬けも 発酵食品に特化した珍しい道の駅

『豚の味噌麹焼き定食』(950円)

 千葉県・成田駅から車で約30分の場所にある『道の駅 発酵の里 こうざき』は、発酵食品に特化した珍しい道の駅だ。

「神崎町はお米など穀物の生産が盛んで古い酒蔵も多く、酒やみそなど発酵食品に馴染み深い土地なんです」と、店長の東川慶さん。地元産はもちろん全国の発酵食品を合わせると約500種並ぶ。

「ふぐの卵巣のぬか漬けといった稀少なものから、酒粕やみそを使ったジェラートなどスイーツも発酵にこだわっています」(東川さん)

 また、併設する『発酵食レストラン オリゼ』での人気メニューはこちら。

『豚の味噌麹焼き定食』(950円)
地元産の『北総豚』を地元の造り酒店のみそとしょうゆ麹に漬け込み、お肉がふっくら。

『塩麹おろしで食べるトンカツ定食』(1200円)
塩麹を和えた大根おろしでさっぱりした味わい。豚は善玉菌が豊富なSPF豚を使用。

『発酵定食』(950円)
えびの塩麹焼き、豚肉のしょうゆ麹焼き、すずきの酢みそ和えなど発酵おかずの盛り合わせ。

●道の駅 発酵の里 こうざき ・住所:千葉県香取郡神崎町松崎855
・営業時間:9:00~18:00(『レストラン オリゼ』は10:00~平日16:00・土日祝18:00)
・無休

※女性セブン2018年6月7日号

関連記事

トピックス