国内

最新国内記事のRSS

高齢者施設の性問題 もう避けて通ることはできない

2018.06.10 16:00

 老人ホームにおける入居者同士のトラブルで、もっともよく起きているのが恋愛にまつわるものだという。こ

 老人ホームにおける入居者同士のトラブルで、もっともよく起きているのが恋愛にまつわるものだという。これまで、「ないもの」とされてきた高齢者の「愛」と「性」だが、高齢者人口の増加に伴って、無視できない大問題となりつつある。ライターの森鷹久氏が、高齢者の性の現実についてレポートする。

 * * *
「うちは客の四割が六十代以上。特に宣伝もしていませんが、リピーターが多く、高齢者の発散しづらい性欲を受け止めているんだな、という思いでいる」

 大阪府内で派遣型風俗店を営んでいた橋本幸雄さん(50代・仮名)は、10年前から在籍女性が主に30代以上の「熟女風俗」の経営に乗り出した。若者が少なくなるという国内情勢に加え、低賃金労働に甘んじる女性の多さを目の当たりにして「ビジネスになる」と踏んだ。驚いたのは、想定以上に女性から「働きたい」という申し出があったこと、そしてその女性たちの年齢だ。

「若いほうが有利と言われる業界でしたが、今ではうちの店の在籍女性のほとんどが40代。50代や60代の女性も少なくなく、以前は70代の女性もいた。高齢化社会でニーズが変わっているというのは確かにある」(橋本さん)

 その「ニーズの変化」は、ある驚くべき経験が元になり確信したという。

「高齢男性から、入居している福祉施設に“女性をお願いできないか”と電話がかかってきたのです。最初は冷やかしかと電話を切ったのですが、調べてみると実在する施設だし、何度も何度も同じ人からかかってくるので、施設側に確認を取ったんです」

 施設の担当者によれば、この男性は60代の男性入居者で、軽い認知症を発症してはいるものの、日常生活を送る上では特に問題はなく、さらに施設で働く女性職員の体を触ったり、性器を見せつけたりする常習犯であることも分かった。さらに橋本さんをびっくりさせたのは、この施設担当者自身からも「可能であれば来てほしい」とお願いされたことだった。

「いろいろ問題になると思いましたし、なにより、高齢者を相手にするということは大変なリスクもある。それこそサービス中に倒れられて……などトラブルになりやすそうだったので」

 従業員に事情を話したところ、元介護士で40代の女性従業員・A子さんが「面白そう」と手を挙げたというのだから橋本さんはさらにビックリ。

「小規模な施設だったからでしょうが、内々で先方と話をつけ、A子さんを派遣しました。サービスから帰ってきた A子さん に話を聞くと、また行きたい、やりがいがあった、というんです」

 件の60代男性は、前述の通り軽い認知症を発症してはいるものの、体は元気で日常生活に何の問題もなかった。それにもかからず、施設の小部屋に一日中閉じ込められ、体操したり読書をしたりと、いかにも老人らしい、おだやかな娯楽だけでは、うっぷんが溜まる一方だった。男性の唯一の楽しみと言えば、使い古したガラケーでアダルト画像を見ることのみ。いけないとはわかっていても、女性介護士の体を見ると気持ちが抑えらない、などと漏らしたというのだ。

「それからも定期的に男性はA子さんを呼んでいるようですが、さすがに施設側も問題あり、と考えているようでした。そんな時、A子さんが男性に“道具”を差し入れていたことがわかったのです。その男性の口コミにより、男性入居者の間で“道具”が流行していたそうです(笑)」(橋本さん)

本文を読む

連載・シリーズ

マネーポスト不動産売却 NO! 海賊版・違法サイト
TOP