スポーツ

松山英樹vs小平智 全米OPで試される「内助の功」対決

古閑美保のサポートが支えに(時事通信フォト)

 大舞台を前に、復調のきっかけを探す苦しい状況が続いている。6月14日から始まる全米オープン。日本人選手で上位進出の期待を集めるのが、昨年の同大会で2位に入り、メジャー初制覇を狙う松山英樹(26)と、4月に米ツアー初優勝を飾った小平智(28)だ。

「残念ながら2人とも直近の調子は決して良いとはいえない状況です。松山は2月に再発した左手親指付け根痛の影響からか、ショットもパットもなかなか安定しない。小平も5月からの米ツアー本格参戦後の4試合で、予選通過は1度だけです」(専門誌記者)

 そうしたなか、小平には、全米オープン本番で心強い“援軍”がやってくるという。

「小平の妻で日本ツアー元賞金女王の古閑美保(35)が、現地に駆けつける予定です。4月のマスターズでも、コースの攻略ルートや注意ポイントをロープ外から大声でアドバイスを送るなど、存在感は抜群。小平も檄を飛ばされるとやる気が出るのか、マスターズ初出場ながら予選突破を果たしたので、今回も“妻の大声援”が浮上のきっかけとなるのではないか」(同前)

 一方の松山も昨年1月に東北福祉大ゴルフ部の1年後輩の女性と入籍。同7月には長女も生まれた。

「マスターズでは松山の妻も、娘と一緒に応援に来ていました。ただ、彼女は基本的に日本での育児が生活の中心だそうで、今回の全米オープンで応援に来る予定はないとのこと」(同前)

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン