ライフ

“自撮り熟女”が抱いた閉経への不安と「女としてのあがき」

20代の女性から称賛されるマキエマキさん(ポスター制作/(C)KenBoo)

 退廃的な温泉宿の一角に艶めかしい姿の女がひとり。一見、昭和のポルノ映画を思い起こさせるこのポスター、実は52才の熟女カメラマンがグラフィックデザイナーの夫とともに作ったもの。女としての記録写真が話題となる、その背景は?

「50代の自分をあんなに潔くさらけ出せるなんて、カッコいい!」(27才・アパレル)
「私もこんなふうに年を重ねていきたいと勇気をもらえました」(29才・フリーター)

 今、20代後半の女性から、称賛されているのが、熟女カメラマンのマキエマキさん(52才)。エログロ風でちょっぴり笑えるその作品からは、昭和のピンク映画を彷彿とさせられ、レトロ感もたっぷり。今年3月に行われた、女性によるエロス表現の発表展覧会『第5回 東京女子エロ画祭』では、大胆なホタテビキニ姿などを写した『自撮りカレンダー熟女』が見事グランプリを受賞した。

 だが、これには当のご本人も、少々驚いた様子。なぜなら、自撮り作品を撮り始めた理由が、アート的なエロスとは関係のないところにあったから。

「閉経が怖かったんです。女性としての性を失うことが寂しくもあり。だから、女性としての姿を残していきたいなと思ったんです」(マキエさん)

 女の記録を残したい。そこから始まったマキエさんの思いきった作風が、人知れず加齢への不安を抱える女性たちの心に響いている。

 3年前、閉経も間近に迫ったころ、マキエマキさんの自撮り撮影はスタートした。一体、そこにはどんな心境の変化があったのだろう? 20代からの“女の歩み”。じっくり聞いてみました!

──そもそも、自撮りを始めることになったきっかけは?

 最初は冗談半分だったんです。49才のとき、コスプレ用のセーラー服を着て自撮りして投稿したら、これが意外にも好評でして…。図に乗って一度やってみたかったホタテビキニも自作して、気がついたら海辺で自撮りしてました(笑い)。

──それが初の合同展覧会での自撮り作品デビューとなったんですね。

 ええ。撮影した時点ではまだ“痛いオバハン”だから、どっかで面白いテイストにしとかないとダメかなって身構えてました。

関連キーワード

トピックス

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
東京五輪のない今年も?『オールドルーキー』など夏ドラマのスタートが早くなっている理由
NEWSポストセブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン