ライフ

“自撮り熟女”が抱いた閉経への不安と「女としてのあがき」

20代の女性から称賛されるマキエマキさん(ポスター制作/(C)KenBoo)

 退廃的な温泉宿の一角に艶めかしい姿の女がひとり。一見、昭和のポルノ映画を思い起こさせるこのポスター、実は52才の熟女カメラマンがグラフィックデザイナーの夫とともに作ったもの。女としての記録写真が話題となる、その背景は?

「50代の自分をあんなに潔くさらけ出せるなんて、カッコいい!」(27才・アパレル)
「私もこんなふうに年を重ねていきたいと勇気をもらえました」(29才・フリーター)

 今、20代後半の女性から、称賛されているのが、熟女カメラマンのマキエマキさん(52才)。エログロ風でちょっぴり笑えるその作品からは、昭和のピンク映画を彷彿とさせられ、レトロ感もたっぷり。今年3月に行われた、女性によるエロス表現の発表展覧会『第5回 東京女子エロ画祭』では、大胆なホタテビキニ姿などを写した『自撮りカレンダー熟女』が見事グランプリを受賞した。

 だが、これには当のご本人も、少々驚いた様子。なぜなら、自撮り作品を撮り始めた理由が、アート的なエロスとは関係のないところにあったから。

「閉経が怖かったんです。女性としての性を失うことが寂しくもあり。だから、女性としての姿を残していきたいなと思ったんです」(マキエさん)

 女の記録を残したい。そこから始まったマキエさんの思いきった作風が、人知れず加齢への不安を抱える女性たちの心に響いている。

 3年前、閉経も間近に迫ったころ、マキエマキさんの自撮り撮影はスタートした。一体、そこにはどんな心境の変化があったのだろう? 20代からの“女の歩み”。じっくり聞いてみました!

──そもそも、自撮りを始めることになったきっかけは?

 最初は冗談半分だったんです。49才のとき、コスプレ用のセーラー服を着て自撮りして投稿したら、これが意外にも好評でして…。図に乗って一度やってみたかったホタテビキニも自作して、気がついたら海辺で自撮りしてました(笑い)。

──それが初の合同展覧会での自撮り作品デビューとなったんですね。

 ええ。撮影した時点ではまだ“痛いオバハン”だから、どっかで面白いテイストにしとかないとダメかなって身構えてました。

関連キーワード

トピックス

堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
「昭和の親父」を演じる阿部サダヲと「令和のワーママ」役の仲里依紗(時事通信フォト)
ドラマ『不適切にもほどがある!』阿部サダヲの“名言”4選「やりすぎ令和」に刺さる「昭和からの教え」
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
俳優・山本陽子さん(81)逝去 「悪女」役で人気、晩年は熱海でおひとりさまミニマル生活 CMしていた山本海苔との契約はギネス記録に
NEWSポストセブン
元店員がTwitterに(現X)投稿したLINEのスクショ画像
大阪王将「ナメクジ大量発生」投稿の元店員「威力業務妨害で逮捕」でどうなる 識者は「刑事は不起訴でも民事で損賠請求される可能性」指摘
NEWSポストセブン
MVP受賞を称える夕食会での大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、身につけるものから伝わるこだわりや信念 フォーマルファッション、愛犬の服など“私物のお値段”
週刊ポスト
ピエール瀧と伊勢谷友介
伊勢谷友介とピエール瀧が同日に“事件後初の舞台挨拶”登場 薬物事件からの復帰に待ち受ける「茨の道」
NEWSポストセブン
逮捕された細谷夫婦
【浅草・4歳女児毒殺妻の“裏の顔”】親子で「ちいかわ」ペアルック外出も、自宅では夫に「お茶を作りに戻れ」「殺せー!」と絶叫
NEWSポストセブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン
かつての“氷上のプリンセス”のデート現場をキャッチ
元フィギュア村主章枝「ビリビリ破れたパンツ」でイケオジと西麻布ワイルドデート
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン