──それが、予想外の反響となった?

 はい。個展を開いたとき、おそらく皆さん、私の作品の前で立ち止まって笑うだろうと想定していたんです。もちろん男性はエッチな目で。そうしたら、若い女性たちが真剣な表情で食い入るように作品を見るんですよ。とくに多いのが20代後半の女性。「勇気をもらえました」なんて言われて。驚きでした。

──マキエさんは20代、30代、どんなふうに過ごされていたんですか?

 20代前半のころはイベントコンパニオンなんかやって、蝶よ花よと浮かれたところで生きてました。でも、このままじゃダメになると一念発起しまして。24才のとき、カメラマンになろうと、弟子入りしたんです。それで27才で独立しました。

──思い切りましたね。ご苦労は?

 やっぱり偏見の目がものすごかった。当時はまだ女性カメラマンも少ないころで、“女に写真なんか撮れるのかよ!”っていうことはしょっちゅう。おかげで頭に10円ハゲなんか6個ぐらいできてたし、胃カメラもよくのんでました。

──体調の変化はほかにもありましたか?

 30代前半のころ、“プチ更年期”みたいな症状があったんです。全体的に体の抵抗力が落ちて、紫外線に当たるだけでも皮膚がかゆくなったりしました。その時期は生理痛もひどくなりました。

──婦人科に相談されましたか?

 ホルモンバランスが関係しているのかと思って一応、受診はしたのですが、「まだまだお若いですし」と見た目だけで診断する医師の言葉に愕然として(苦笑)。そのとき、自分の体は自分で向き合ってケアしようと決意しました。

──“プチ更年期”を自力でケアした、その具体的な方法は?

 食生活の改善です。添加物の入ったものやジャンクフードは一切口にしない。調味料も、しょうゆなら小麦と塩と大豆だけで造られているものを選ぶようにしました。次第に抵抗力も回復しました。アロマテラピーも効果的でしたね。

──40才のとき、職場で知り合った9才年下の現夫をゲットしたそうですが、9才も年下だとやっぱり変わりますか?

 そりゃ、変わりますよぉ(満面の笑み)。若返ります。でも、30代後半からは体力が一気に衰えていくのを実感しますよね。趣味の山登りでも、歩く速度が遅くなりました。

関連キーワード

トピックス

羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
シリアスな役あkら、激しいアクションまで幅広くこなす北村
北村匠海、朝ドラ『あんぱん』で“やなせたかしさん役”として出演か 主演の今田美桜とは映画『東リベ』で共演し強い絆
女性セブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
入社辞退者が続出しているいなば食品(HPより)
「礼を尽くさないと」いなば食品の社長は入社辞退者に“謝罪行脚”、担当者が明かした「怪文書リリース」が生まれた背景
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
入社辞退者が続出しているいなば食品(HPより)
いなば食品、入社辞退者が憤る内定後の『一般職採用です』告知「ボロ家」よりも許せなかったこと「待遇わからず」「想定していた働き方と全然違う」
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン