国内

Twitterで夫見つけた女性「ネットだからこそ最高の相手に会えた」

Twitterで伴侶を見つけた女性も(写真/アフロ)

 誰もがSNSを使う時代に突入した。そんな時代に、ツイッターの“出会う力”で人生の伴侶を見つけたのが、未衣子(@315meow)さん(27才)だ。

 5年ほど前、顔も名前も知らないある男性のツイートをリツイートで見つけた未衣子さんは「言葉の使い方が素敵」と思って「いいね!」をつけた。

「すると彼からフォローされてツイッター上での交流が始まりました。顔見知りでないからこそ考えていることや悩みを素直に言い合えて、お互いの内面を理解できた。フェイスブックやインスタは盛ったり見栄を張ったりしますが、ツイッターにはそれがない。私は“本音ツール”だと思っています」(未衣子さん)

 知り合ってから半年、未衣子さんがツイッターで「タルトが食べたい」とつぶやくと彼(29才)が「行こう!」とリプライし、ふたりは初めて顔を合わせることに。

「もともとミクシィで友達をつくっていたので、ネットを介して人に会うことに抵抗はありませんでした。もちろん、ネット上の友達と会う時は昼間に、密室ではない場所で、など自分のルールを作っています。それに、彼の交友関係や、友達との会話内容は半年かけてツイッター上でチェックしていて、しっかりした人だとわかっていたんです。

 だからリアルの初デートもすぐ意気投合して盛り上がり“これは運命かも”と感じました。彼も同じで、その日のうちに『結婚しよう』『同じお墓に入ろう』という話が出ました」(未衣子さん)

 その後の交際と同棲を経て、あれよあれよという間にゴールイン。未衣子さんは、「ネットだからこそ最愛の人と出会えた」と笑顔を見せる。

「ツイッターは相手の容姿や社会的地位などの情報がカットされることが多いうえ、日常で起きたことについて自由につぶやけるので、相手の本音や人となりがよくわかる。私はリアルで出会っていたらスムーズに打ち解けられなかっただろうから、彼とネットで出会えて本当によかった。彼との出会いについて親に本当のことを言えないのが唯一の難点ですが…(苦笑)」(未衣子さん)
 
※女性セブン2018年8月2日号

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン