ライフ

買い物がてらに1杯やれる 地域に根ざす川崎・鶴川の角打ち

大勢が楽しめる角打ちスペースだが、それでも所狭しと客たちが集まってくる

「この地域に暮らす人たちの役に立つ店でありたいんですよね。なくてはならない存在になれればいいなと、そんな気持ちで毎日店を開けています」と、配達帰りの汗を拭きながら語る『赤荻酒店』(あかおぎさけてん)の2代目・赤荻祐司さん(50歳)。
 
 店は小田急線の鶴川駅から西へ5分ほど歩き、カルガモが遊ぶ鶴見川にかかる大正橋を渡ったあたりにある。ゆるやかな丘陵地帯に広がる閑静な住宅地だ。
 
 その麓に位置している角打ちができるこの酒屋さん、常連客の証言によると、主人の祐司さんの思い以上に、しっかりと地域の人々の生活にも心にも溶け込んでいるようだ。
 
 例えば、「今日は私のゼミの同窓会的な集まりでここにやってきました」という、この先の高台に居住している大学の教授(60代)の話。
 
「実に満足する銘柄を揃えている酒屋さんなんですが、新鮮でおいしい食料品も豊富でしてね。駅前まで行かなくても、ここまで降りて来れば買い物は済むんですよ。我々住民にとっては、心憎い場所にある貴重な店。買い物して、それからゆっくり角打ちをという人がけっこういまして。ええ、私もそのひとりですけどね。さらに心憎いのは、帰りかけると、2代目がときには車で自宅まで客も品物も送り届けてくれたりしてくれて。常連の高齢者の皆さんは大感謝です」
 
 父親が昭和42年に興した店を次男の祐司さんが平成12年に引き継いだ。
 
「兄貴はサラリーマンになっていましたし、ずっと自分が店を手伝っていたので、自然の流れでしたね。どういう店にしていこうか考え抜きました。店の場所的に、食料品をたくさん置けば地域の方たちに喜んでもらえるだろうかとか。父の時代は、角打ちはやっていなかったのに、その頃にも勝手に楽しんでる感じで飲んでいる常連さんがけっこういましたから、角打ちもいいなと。そうすればみんなの溜まり場になりますからね」(祐司さん)
 
 店の右端、倉庫の部分に巡らした長板が角打ちテーブルは、ここで15人前後は、同時に楽しめそうな広さがある。

 この日も、先のゼミグループの他に、「ここの常連の友人について来て、以来自分も常連になった」というサラリーマンや、「引っ越してきて、ここが家から一番近い酒屋だった。飲めて顔見知りもできて、気持ちが良くてで、もう、10年以上通っている」と語るエンジニアなどが、うまそうに喉を潤し、笑いあっている。

関連キーワード

トピックス

永野芽郁がアパレル店から出てきた
永野芽郁の笑顔引き出すイケメンマネジャーの正体は「ももクロ百田夏菜子の弟」だった
NEWSポストセブン
日本食を恋しく思っているという(写真/時事通信フォト)
小室眞子さん、10月20日の美智子さまの米寿に帰国予定なし 月末には圭さん司法試験の合格発表
女性セブン
退社はしないと見られる弘中アナの無双
資産15億円社長と結婚の弘中綾香アナが退社しない理由「もはや局内フリー状態」との指摘
NEWSポストセブン
CSを控えているが、阪神の次期監督・岡田彰布氏が注目を集めている(時事通信フォト)
阪神・岡田彰布新監督にOB江本孟紀氏「矢野よりはるかに面白い野球をやりますよ」
週刊ポスト
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、4人の妻との波乱の人生 倍賞美津子は病床の元夫を見舞った
女性セブン
『CHICAGO』では2時間半もの間、ヒールで踊り続ける
米倉涼子、ミュージカル『CHICAGO』緊急降板 「本当の病状」と「違約金ゼロ」の理由
女性セブン
同級生だった岸信千世氏と岸田翔太郎氏(右)
「明るい茶髪だった」岸田首相の長男と安倍元首相の甥・岸信千世氏は「慶応大の同級生」 友人が明かす2人の「学生時代の評判」
NEWSポストセブン
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
女性セブン
地上波ドラマ出演の話が立ち消えになったという深田恭子
深田恭子“40才経験ゼロ役”地上波ドラマ出演話が立ち消えに 「合わない」と判断した理由
女性セブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
小出恵介、30代美女と牛丼店デート 2人分をテイクアウトし、長期滞在型ホテルへ
女性セブン
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 岸田政権がもくろむ年金大改悪の罠ほか
「週刊ポスト」本日発売! 岸田政権がもくろむ年金大改悪の罠ほか
NEWSポストセブン