国内

最新国内記事のRSS

最近増える「日傘男子」他人からの視点よりも涼しさ優先

2018.08.07 07:00

“殺人猛暑”と呼ばれる異常な暑さが続くこの夏。7月23日には埼玉県熊谷市で41.1℃を記録し、国内歴

“殺人猛暑”と呼ばれる異常な暑さが続くこの夏。7月23日には埼玉県熊谷市で41.1℃を記録し、国内歴代最高記録を5年ぶりに更新した。猛烈な日差しからわが身を守るため、今、改めて注目されているのが男性用の日傘だ。埼玉県庁温暖化対策課の男性職員を中心に昨年発足された“日傘男子広め隊”が火付け役となり、“日傘男子”というキーワードがSNSを中心にブームとなっている。“日傘男子広め隊”の男性隊員も「慣れると快適なので、ぜひ一度使ってみてほしい」と語っている。

「昨年、熱中症で搬送された成人のうち、約7割は男性でした。女性の持ち物というイメージが強い日傘ですが、直射日光を避けられて、体感温度も下げられる有効的なアイテムですから、ぜひ男性にも利用してほしいです」(埼玉県庁環境部温暖化対策課の担当者)

 実際に、街で見かけた“日傘男子”にその効果を尋ねてみると、「こんなに涼しいと思わなかった。流行っているし、おしゃれだし、男でもアリ!」と大満足の様子。そこで、サラリーマンから大学生まで、今年の夏に“日傘男子”デビューした街のイケメンたちに、日傘の魅力を聞いてきました!

「今年“日傘男子”デビューしました。雨天用の傘と違って、UV加工されているのでとても涼しいですね」(Aさん・60才)

「彼女にプレゼントされて使い始めました。最初は抵抗があったのですが、使ってみたら暑さが全然違う。今はバッグに必ず入っています」(Bさん・33才)

「少しでも涼しく外を歩きたくて、東急ハンズで買った晴雨兼用の折り畳み傘を日傘として利用しています」(Cさん・28才)

西日本豪雨被害でJRが運行しない区間ができ、30分も徒歩で通学することになったため使い始めました。他人の視線より、涼しさ確保が優先です!」(Dさん・21才)

「直射日光があまりにきつくて、ふつうの雨傘を日傘にしてみたら、日陰がつくれて感動しました!」(Eさん・33才)

「女性が持ってる小さい傘というイメージでしたが、今年は“日傘男子”が流行っているので違和感なし。体感温度が全く違います」(Fさん・21才)

「和傘はリサイクルショップで3000円。日焼け防止はもちろん、ファッションアイテムとしても欠かせません!」(Gさん・21才)

「ゴルフ用のパラソルを差すわけにもいかないし…と思っていたところ、晴雨兼用の傘を見つけて愛用中。駐車場から取引先まで歩く際に使っています」(Hさん・58才)

※女性セブン2018年8月16日号

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP