国内

990か所を調査、伝説的な長寿研究書が説く「長寿のルール」

伝説的な長寿研究書を出した近藤博士

 絶版となった後も、専門家の間で語り継がれる一冊の本がある。1972年に初版が発行された『日本の長寿村・短命村』(サンロード出版)だ。著者は東北大学名誉教授で医学博士だった近藤正二氏(1893~1977年)である。

 衛生学を専門とする近藤博士は食生活や生活習慣が寿命に与える影響に大きな関心を持ち、1935年から1971年の36年にわたり、北海道から沖縄の八重山諸島に至るまでの全国津々浦々990か所を、自らリュックを担いで訪ね歩き、各地で長寿に関する研究を重ねた。

 そして、「平均寿命」という数字を使わず、「人口における70才以上の高齢者の割合(長寿率)が高い村」を《長寿村》と、「若年死が多く、70才以上の高齢者が少ない村」を《短命村》と定義した。1950年当時の全国の平均寿命は男女ともに60才程度だということを考えると「70才以上」といえば、かなりの“ご長寿さん”だ。博士は、「どうすれば長寿になれるか」に徹底的にスポットを当てたという点で、当時から異色の研究だった。

 そんな研究を口述で編んだのが『日本の長寿村・短命村』。ここでは、近藤博士が見出した「長寿のルール」の一部を紹介する。

 鹿児島県の沖永良部島は、近藤博士の定義した70才以上の人の割合を示す長寿率が島全体で9%にも達する長寿島だった。若者が村外に出てしまうと長寿率もおのずと高くなってしまうため、近藤博士は人口移動の少なかった村を調査対象に選んだ。

 島内の国頭村では当時96才のおばあさんが現役の機織り職人として働き、髪もまだ半分黒いと記録されている。肉や米を避け、畑で大豆を作って豆腐やみそにしてたくさん食べていることが長生きに役立っている、と近藤博士は結論づけている。

 博士は、沖縄の八重山諸島でも大豆の摂取で長寿を実現している村を発見した。それが竹富島だ。長寿率は驚異の16%にのぼり、80~90才の高齢者たちが畑仕事や織物仕事などに従事していた。繰り返すが、平均寿命が60才程度の時代のことである。

 かつて同島では米をまったく作っておらず、主食はさつまいも。そこに前我名釜多という人物が大豆を持ち込み、島民に奨励した結果、大豆食が広がった。それ以外には粟や稗、にんじん、大根などの野菜を栽培。大豆以外にもうずら豆という豆を作っていたが、これも前我名の指導だったようだ。

 岩手県の標高400mの山あいにあり、ほとんど動物性たんぱく質を摂らずに健康長寿を実現していた村は、現在、岩泉町に併合されている有芸村だ。

関連記事

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
今は「芸人部署」に所属している久代萌美アナ
久代萌美、亀井京子アナも 女子アナ獲得の吉本、テレ東のエースアナにも注目
NEWSポストセブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
最新「地下天気図」
地震活動を予測する最新「地下天気図」 京都、紀伊水道に新たな異常発生か
週刊ポスト
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
選挙活動中に有権者に抱き付かれる女性候補者の様子を再現した動画[内閣府提供](時事通信フォト)
選挙活動で顕在化する「票ハラスメント」 政党や後援会の意向も要因に
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト