国内

裏社会とマネロンと仮想通貨 犯罪収益の持ち出しが容易に

捜査にも力が入るが(写真はイメージ)

 今年2月に起きた仮想通貨交換業者コインチェックから580億円もの仮想通貨「NEM(ネム)」が流出した問題が起きて、「仮想通貨」に対する関心が一気に高まったが、それ以前から裏社会では仮想通貨に熱視線が送られていたという。「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載中の『ハスリンボーイ』原作を担当する草下シンヤ氏が、その“理由”についてレポートする。

 * * *
 1年ほど前、裏社会でしきりに聞いた言葉があった。

「ビットコインやってる?」「仮想通貨、やべーって」「マイニング始めようと思うんだけどどうかな?」

 話題は仮想通貨であった。その後、マスコミでも大きく報道されるようになり、周知のとおり、バブルと言われるような高値に達するようになったわけだが、裏社会の人間は仮想通貨に着目している者が多かった。

 中には、短期間で億り人になった者もいるし、その金を元手に裏稼業から足を洗い、合法的なビジネスを展開している者もいる。私も「絶対にやったほうがいい」と勧められたが、手を出すことはなかった。

 それは当時、仮想通貨に興味を持っていたほとんどの人間が、私の周囲に限っての話かもしれないが、犯罪者ばかりでなんともきな臭い話にしか見えなかったからである。裏社会の人間が惹かれていたのは、その高い投機性もあるが、それよりも「仮想通貨はマネロンに使える」という点だろう。

 犯罪というものは、その犯罪を達成させることも一苦労だが、そうして得た収益をきちんとした金として手元に残すことが非常に難しい。

 裏社会では「警察よりも怖いのは税務署だ」と言われることがある。犯罪収益も課税対象であるため、犯罪行為が明るみに出るとその収益が没収されるどころか、これまでにあげたであろう金額を計算され課税されるという懲罰的な措置がとられることもある。追徴課税は自己破産でも免責されないため、一生払い続けなければならない。

 水商売やパチンコ店、宗教法人などを用いたマネーロンダリングは広く行なわれているが、仮想通貨を活用する者も増えてきている。

 仮想通貨に対する各国の規制状況にはばらつきがあり、一部の国ではマネーロンダリングに使用されるとわかっていながら野放しにしている現状がある。それらの国にパイプがある犯罪組織はその国で仮想通貨を現金として引き出してしまえば、その金の行方を追うことはできない。ある暴力団関係者はこう語っていた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

2019年、ゴールデングラブ賞を受賞した日本ハムの西川遥輝選手(時事通信フォト)
イケメンで人気の楽天・西川遥輝選手、日ハム時代に結婚していたけど発表しない理由
NEWSポストセブン
木本は沈痛
TKO木本武宏がアルバイトしながら債権回収に奔走する一方、不動産投資話の首謀者が行方不明に
女性セブン
厳戒態勢の中でもしめやかに(撮影/JMPA)
安倍元首相の国葬、厳戒態勢の中でもしめやかに 佳子さま、岸田首相ほか悼む人々
女性セブン
昭恵夫人(写真/JMPA)
誤算続きの安倍氏国葬 4割が招待辞退、国会議員6割欠席、費用はエリザベス女王国葬以上
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
小室佳代さんのトラブルは眞子さんに影響するか
小室佳代さん、元恋人に1600万円返金要求のトラブル “眞子さんの後ろ盾”の影響は
女性セブン
神戸山口組の井上邦雄組長(時事通信フォト)
劣勢の神戸山口組、かつて決別した組織との“反六代目”三派同盟を画策
週刊ポスト
3年夏の決勝に敗れた後、対戦相手の秀岳館・川端健斗選手(右)と記念撮影。2人は一緒に花火大会に行く仲(写真提供/川端健斗)
ヤクルト・村上宗隆を深く知る3人の証言 「プロ入り前夜」と「新人時代の頑固さ」
週刊ポスト
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン