芸能

石川さゆり 新しいものを開拓しつつ、古いものも大切に

相棒のヘッドホンを手に

 グラビア写真界の第一人者、渡辺達生氏(69)が“人生最期の写真を笑顔で撮ろう”とのコンセプトで立ち上げた『寿影』プロジェクト。渡辺氏は、自然な笑顔を引き出すべく、撮影する人に「一品」を持ってきてもらって、それにまつわるエピソードを聞きながら撮影する。

 歌手・石川さゆり(60)が持ってきたのは、「相棒」と呼ぶ音響機器の名門ゼンハイザー製のヘッドホン「SENNHEISER HD560 ovation II」。

「スタジオのレコーディングはいつも一緒。このヘッドホンがないと石川さゆりの歌は生まれない。余韻などふくよかな音の波がしっかり耳に届いて、音そのものがやさしくてあたたかい。自分の音として体に刻まれていて、本当に愛おしい存在です。

 1990年代初頭の古いモデルを修理しながらずっと使っています。本国のドイツでないとメンテナンスができなくて、レコーディングの合間に里帰りをして、“健康チェック”をします」

 気に入ったものは丁寧に使い続ける。鳥獣戯画の扇子も修繕しながら愛用するアイテムのひとつ。

「いいものが見落とされて姿を消すのは悲しいこと。新しいものを開拓しながらも、古いものも大事に守っていきたいと考えています。自分の歌も60歳の今だからこそできる表現で、新しい表情もお届けしてみたい」

【プロフィール】いしかわ・さゆり/1958年、熊本県出身。1973年、『かくれんぼ』で歌手デビュー。代表曲『津軽海峡・冬景色』(1977年)、『天城越え』(1986年)から8月15日発売『花が咲いている』までシングルは123曲を数える

◆撮影/渡辺達生、取材・文/渡部美也

◆小学館が運営する『サライ写真館』では、写真家・渡辺達生氏があなたを撮影します。詳細は公式サイトhttps://serai.jp/seraiphoto/まで。

※週刊ポスト2018年8月31日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

初入閣したものの、Twitterでの反応が自民党内でも物議を醸している(時事通信フォト)
高市早苗氏の“入閣に不満”投稿は政調会長ポストを奪った萩生田光一氏の「統一教会問題」を痛烈意識か
NEWSポストセブン
小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子の中国進出は成功するか バラエティースキルを活かせるかは未知数、反日感情の影響も
NEWSポストセブン
14日聖望学園戦9回表、内角の球をライトスタンドに運ぶ大阪桐蔭3年・松尾汐恩(時事通信フォト)
大阪桐蔭の「扇の要」松尾汐恩を開花させたショートからキャッチャーへの転向秘話
NEWSポストセブン
元NHK・内藤裕子アナが入局当時のエピソードを語る
【全6局「人気女子アナ」同窓会#2】民放が参考にしていたNHKのアクセント
週刊ポスト
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
左から元NHK・内藤裕子、元日本テレビ・馬場典子、元テレビ朝日・石井希和、元TBS・竹内香苗、元テレビ東京・亀井京子、元フジテレビ・中村仁美
【全6局「人気女子アナ」同窓会#1】給料、社食…新人時代はクレーム対応も
週刊ポスト
約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン