芸能

秋野太作 喜劇を演じるというのは、悲劇を演じること

喜劇でも悲劇でも演じてきた

 映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、俳優・秋野太作が喜劇論や喜劇役者論について語った言葉をお届けする。

 * * *
『男はつらいよ』での渥美清との共演や『必殺』シリーズ、『俺たちの旅』での自ら計算しての三枚目役などを通して、秋野太作は自らの喜劇論・喜劇役者論を確立してきた。今回はそこを存分に語ってもらっている。

「普通の芝居は、努力すれば誰でもできるんだよ。でも、喜劇をやりましょう、この人物を喜劇的に演じましょうとなったら、できない人が必ず出てくる。

 その違いは、客観性があるかないかじゃないかな。自分の演じる感情や心理に一生懸命になる俳優もいるし、見た目に一生懸命になる俳優もいるし、技術に一生懸命になる俳優もいる。

 だけど、それだけでは喜劇はできない。主観と客観の二つの目線が必要なんだ。それは、『ズレ』が分かること。そこが分かっていないと、笑いは生まれない。本人は一生懸命にやっているのに、客観的に見るとおかしい。そのズレが分かんないで主観的にだけやっていると、面白味って出てこないんだよ。一生懸命だけど、もう一つの目線では突き放していないとね。

 だから、喜劇を演じるというのは、悲劇を演じることでもあるんだ。一生懸命やっているのに客観カメラで見たらおかしくてしょうがないんだから。

 そこを間違えて、すぐに面白いことをしようとする俳優がいるんだよ。面白いことを考えて、面白いことを言ったり、こけてみたり。でも、そこには悲劇性がないと笑えないんだ。そこまで読み込んでいないと」

関連キーワード

関連記事

トピックス

ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
上島竜兵さんと竜兵会の面々
劇団ひとり 上島竜兵さんへの追悼ボケと『浅草キッド』に見る「お笑い師弟愛」の美学
NEWSポストセブン
“不仲説”について達川光男氏が答える(時事通信フォト)
達川光男氏が『サンモニ』関口宏との“不仲説”に弁明「娘にも心配されました」
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン