ライフ

センス良く見える料理の盛り付け方3か条と素麺の基礎

そうめんは端を見せないように盛り付けるのがポイント

 おいしい料理を作っても、家族の反応はイマイチ…。それって、見た目に問題があるのかもしれない。皿の選び方や盛り方など、ちょっとしたコツさえおさえておけば、見栄えがグンとアップし、よりおいしそうに見えるものだ。

 プロのフードコーディネーターによると、センスよく盛り付けるコツは、主に3つあるという。

一、彩りを意識する
二、立体的に盛る
三、白より黒い器を選ぶ

「まず、押さえたいのが“彩り”です。フライや煮物など茶色っぽい料理は地味なので、その中に、トマトの“赤”、レタスの“緑”を添えるだけで彩り豊かに見えますよね。1つの器に、赤、黄、緑(青)の3色を盛り込むと、華やかな印象に仕上がります」(フードコーディネーター・小川久美子さん)

 盛り付けは立体的にすることも重要だという。上品に見せたい時は、大皿の中央に少量を高く盛る。量感を出したければ、小さめの器いっぱいに高く盛る。どう見せたいかによって、器の大きさを変えると、なおよい。

「ご家庭で使う器は、白が多いと思いますが、重宝するのは実は黒い器。料理の色味を引き締め、高級感を演出できるんです」(小川さん)

 カジュアルな料理には磁器や木製の器、高級感を出すには陶器など、器の質感を変えるのもおすすめだ。

「テーブルにランチョンマットやクロスを敷いたり、箸置きを季節感のあるデザインに変えれば、同じ料理を食卓に並べても、その都度変化が出せます。料理だけでなく、食卓全体の雰囲気から旬を感じさせる演出も心掛けて」(フードコーディネーター・下川健太郎さん)

 第一印象でおいしそうに見えれば、実際に食べた時もおいしく感じられるもの。ぜひ試してほしい。

 ここで、多くの人がこの季節に家で食べる「そうめん」の盛り付けの基本をレクチャーしよう。

【1】麺を小分けして端を結ぶ
 1人分(100g)のそうめんを4等分にし、端を輪ゴムで結ぶ。この時、なるべく麺の先端で結ぶこと。

【2】結び目からゆでる
 煮立ったたっぷりの湯に、輪ゴムで束ねた側から麺を入れたら、パッケージ通りのゆで時間でゆでる。

【3】束のまま洗って結び目を切る
 ゆであがったらざるに取り、束のまま冷水でもみ洗いする。粗熱が取れたら、水気を切りながらそうめんの束をまとめ、はさみで結び目を切り落とす。

【4】麺を折りたたんで盛り付ける
 器にそうめん1束分を折りたたんで盛り付ける。同様に4束盛り付けたら、彩りに薬味をのせて氷を添える。

※女性セブン2018年9月13日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
2016年の第24回参議院議員選挙で、高校の校内に設けられた期日前投票所で投票をする生徒(時事通信フォト)
未成年者の選挙運動が禁じられていることについて改めて考えてみた
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン