芸能

南田洋子さんの“姪”、ケンカの日々から腕相撲王者になるまで

女子アームレスリング界の“絶対女王”と名高い山田さん(撮影/浅野剛)

「レディー・ゴー!」の掛け声がかかるやいなや、相手の腕を一気にねじり倒す。一瞬で勝利をものにした女性に、大歓声がわき起こる。

「本当は子供たちを連れてきたかったけど、いると気になって試合に集中できないから、泣く泣く留守番させてます」

 そう言って笑顔を見せたのは、山田よう子さん(42才)。華奢な外見からは想像もつかないが、女子アームレスリング全日本大会13連覇の記録を持つ剛腕だ。プライベートでは4児の母。5才、3才、1才の双子たちの世話に追われながらリングに立つ日々を送る。

 しかし、ここまでの道のりは険しいものだった。山田さんの生まれは東京・中央区の下町。小学校ではリーダー的存在だったが、中学校に進むと一転する。いじめられていた子をかばったことにより、陰湿ないじめのターゲットとなったのだ。思い詰めて中学1年生で自殺未遂を起こし、不登校になった。

 見かねた親族は山田さんを更生施設へと入所させるが、そこにもなじめずに脱走を繰り返した。将来への不安と居場所のない寂しさに押しつぶされそうになったとき、思い出したのが“洋子おばちゃん”こと、女優の南田洋子さん(享年76)のことだ。山田さんは南田さんの従兄弟の娘であり、“叔母と姪”のように親密な関係。南田さんを「おばちゃん」と慕い、女優として活躍する姿をずっと近くで見てきた。

「『おばちゃんの血をひいているし、女優だったら挑戦できるかも』と、芸能コースのある堀越高校(東京・中野区)に進学したんです」(山田さん、以下「」同)

 ドラマ『砂の城』(1997年、フジテレビ系)に出演するなど芸能活動を始めるも、プレッシャーのあまり、大きな舞台をすっぽかしてしまう。

 それからはタガが外れたように、学校をサボっては街へ出て、けんかにあけくれる日々。その腕っぷしから繁華街の不良たちからも一目置かれる存在になっていたが、心は満たされない。そんなときに出会ったのが、アームレスリングだ。

「たまたま居酒屋で隣になった男性がチャンピオンだった。『女性部門もある』と聞いて、挑戦してみようと思った」

 けんかで鍛えた腕と負けん気でめきめきと頭角を現し、始めて2年足らずで日本のトップ選手にまで成長。

関連記事

トピックス

雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
小倉優子が勉強
小倉優子、密着番組リニューアルでも猛勉強継続 早稲田大学以外も受験予定
女性セブン
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン