芸能

Koki, 「パリで香取慎吾とまさかの大接近」のカラクリ

瞬く間に17万「いいね!」がついた(Koki,のインスタグラムより)

 芸術の都、フランス・パリ。ルイ王朝が栄華の時を過ごしたパレ・ロワイヤルは、ルーブル美術館から歩いてすぐのところにある。宮殿の奥の回廊を抜けると、中庭が広がり、観光地の喧噪が嘘のように静かな時間が流れる──。

 9月19日、その一角で赤い口紅をひいたKoki,(15才)がたたずむ一枚の写真がインスタグラムに公開されると、瞬く間に17万を超える「いいね!」がついた。

 Koki,のインスタは、127万人強(9月25日現在)のフォロワーから熱い視線を浴びている。

「今回の写真では、黒いスリムパンツに七分袖のトップス。シャネルのチェーンバッグ、黒いブーツをあわせたファッションを披露していました。ファッション誌の撮影だったようです」(ファッション誌関係者)

 Koki,にとってパリは、大好きな街。モデルデビュー以前にも何度も足を運んでいて、今年7月には母・工藤静香(48才)とパリコレを訪れて、シャネルのトップデザイナーとも親交を深めていた。

「デザイナーとはフランス語で挨拶をしていて、国際性を感じさせました。その後、ブルガリのアンバサダーに就任したのも、グローバルな活動を視野に入れてのことでしょう」(前出・ファッション誌関係者)

 だから、Koki,がパリにいても、そこでの写真を公開しても何の不思議もないはずだった。

 しかし、その写真は特別な意味をもっていた。Koki,が写真をアップした日は、香取慎吾(41才)がパリで開く初の個展『NAKAMA des ARTS』の初日だったのだ。

「個展の会場は、Koki,ちゃんがアップした写真の場所と目と鼻の先なんです。このタイミングにこのインスタ、もしやKoki,ちゃんが香取さんの個展に顔を出したのでは、とファンは騒然となりました」(芸能関係者)

 約110点の作品が展示された個展の開催と、稲垣吾郎(44才)、草なぎ剛(44才)の訪問は、日本のメディアでも大々的に報じられた。

「オープニングパーティーにはちょうどパリで公演がある野村萬斎さん(52才)も参加していました。日本ではルーブル美術館で、という報道が目立ちましたが、実際には併設されている、無料で入れるアーケードにあるレンタルギャラリーの一角が会場です」(アート関係者)

 ふらりと立ち寄れる環境にあるなら、確かにKoki,が顔を出し、出展者と言葉を交わしていてもおかしくはない。

「全然ないですよ! 実際にKoki,ちゃんがパリに行っていたのは8月末でしたから。写真のアップがこのタイミングになったのはただの偶然です」(前出・芸能関係者)

 Koki,は、モデルとして活動の幅を広げつつあるが、本業は学生というスタンスを崩していない。

「彼女が通う都内のイングリッシュスクールのプログラムは生やさしいものではありません。彼女自身も勉強熱心で、学校を休んでまで仕事でパリへ行くことは考えられない。静香さんの学業優先という方針にもブレはないようです」(前出・ファッション誌関係者)

 パリで実現したかもしれない、父の“旧友”とのランデブーは、すれ違いに終わっていた。

※女性セブン2018年10月11日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
『サンデーモーニング』MCの膳場貴子アナ(時事通信フォト)
サンモニ膳場貴子アナ“トランプ発言炎上”、反省しつつも「弱腰になるタイプじゃない」 トランプ陣営への厳しい目は変わらず“関口宏氏の正統後継者”へ
週刊ポスト
最初にペンライト文化を広めた西城秀樹さん
「ペンライト文化は韓国発祥」BTS事務所の主張で論争 専門家は「最初に広めたのは西城秀樹さん」、“ゴンドラ”“観客と同じ振り付け”も秀樹さんの功績
女性セブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《俳優・中野英雄を直撃》元妻宅⇔YouTube共演女優(31)と横須賀4連泊の二重生活「キスはないけどチューはある」「そりゃ大好きですよ」
NEWSポストセブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
「1番新しい投稿に佳子さまが!!!!」宮内庁インスタグラムが佳子さまのお姿を初投稿にファン歓喜 “ワンショット”に期待の声も
NEWSポストセブン
“ジュノンボーイ”ファイナリストともに逮捕された佐野(時事通信フォト)
《サッカー日本代表が不同意性交容疑》佐野海舟と共に逮捕された“ジュノンボーイ”ファイナリスト・竹内迅人容疑者、落選で夢破れて芸能人養成スクールを辞めたばかりだった
NEWSポストセブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン
性的暴行の疑いで逮捕された佐野海舟(インスタグラムより)
「面識のない女性を3対1で…」性的暴行で逮捕・佐野海舟容疑者「社会を知らない」と危惧していた父…直前に「プライベートも楽しむ」“意味深”投稿
NEWSポストセブン
深沢の唯一のレギュラー番組は『噂の!東京マガジン』のみ
《本人を直撃》深沢邦之“ホテルデート”のお相手は元妻・田中美佐子の“20年来のファン女性”だった!ブログのコメント欄で深めていた“親密な関係”
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
NEWSポストセブン