• TOP
  • ビジネス
  • 鉄道車両の画一化が進む一方で古い車両が再評価の流れも

ビジネス

2018.09.30 07:00  NEWSポストセブン

鉄道車両の画一化が進む一方で古い車両が再評価の流れも

豊橋鉄道の赤岩口車庫で眠るモ3700形は1963年に名古屋市電から移籍


 昔の列車を運行することで観光客を増やした事例は多々あるが、特筆すべき事例が山口県の新山口駅と島根県の益田駅を結ぶ山口線だ。

 山口線では、1979年からSLやまぐち号の運転を開始。当時、SLは地方のローカル線から続々と引退していた。そのため、SLを懐かしむファンやSLに乗ろうとするファンが山口線にまで訪れるようになる。SL運行によって観光需要が生まれ、地域活性化にも寄与した。山口線の成功を受けて、ほかの路線でもSLやレトロな列車を運行するようになった。

 日本最大の鉄道愛好者団体・鉄道友の会は、毎年優れた鉄道車両を顕彰するためにブルーリボン賞を贈呈している。しかし、「新しい車両ばかりに賞を出すのではなく、古くても大切に使っている車両にも価値がある。だから、同じように顕彰しよう」という発案から、1984年にエバーグリーン賞が制定された。

 エバーグリーン賞は毎年のように車両が選定されるわけではないが、レトロ電車として活躍した豊橋鉄道のモ3700形や一畑電気鉄道のデハ50形などが受賞。

 しかし、2000年の津軽鉄道のストーブ列車がエバーグリーン賞の最後の受賞車両になった。鉄道友の会事務局長の鹿山晃さんはエバーグリーン賞が廃止された背景について、こう説明する。

「鉄道ファンでなくても古い車両を見ると懐かしく感じて、『乗ってみたいなぁ』とか『写真を撮ってみたいなぁ』という気持ちを抱きます。そうした気持ちは理解できますが、それはあくまでも利用者の目線です。鉄道会社側の立場になると、話は変わってきます。鉄道会社は、できるだけ新しい車両を入れたいという気持ちが強いのです。しかし、採算を考えると新車両は高くて手が出せない。だから、古い車両を使い続けるしかないのです。エバーグリーン賞の受賞は嬉しい反面、新車両を導入できないという悔しい気持ちもあります」

 そうした鉄道事業者の気持ちを斟酌した結果、2003年にエバーグリーン賞は廃止された。

 財政的に新車両を投入できないという事情は、1994年にモ3700形でエバーグリーン賞を受賞した豊橋鉄道を見ると鮮明になる。

 豊橋鉄道は、愛知県豊橋市と田原市で通常の鉄道を運行。また、豊橋市内で路面電車を運行している。

関連記事

トピックス