• TOP
  • 芸能
  • 高須院長の子育て論「日本がアメリカを乗っ取る日が来る!」

芸能

2018.10.01 07:00  NEWSポストセブン

高須院長の子育て論「日本がアメリカを乗っ取る日が来る!」

日本の次世代への期待を語る高須院長

 美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長が世の中の様々な話題に、思いのままに提言をしていくシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回は子育てや日本の次世代の子供たちについてうかがいました。

 * * *
──今回は子育てについてのお話をうかがいたいと思います。最近は木村拓哉と工藤静香の次女・Koki,がモデルとして活躍するなど、二世タレントの活躍も目立っています。美男美女の子供であれば、そりゃあルックスも良くなるとは思うのですが、美男美女でもない一般人が子供を「かわいく」、あるいは「かっこよく」育てるにはどうすればいいのでしょうか?

高須:何をもって「かわいい」「かっこいい」とするかは難しいところだけど、一般的なルックスの良さを求めるのであれば、特に何もしなくてもいいと思うよ。僕らのころから比べると栄養状態も良くて、動物性たんぱく質をたくさん摂るようになっているからね。動物性たんぱく質を多く摂れば、背も高くなるし、顔の彫りも深くなる、胸も大きくなるよ。日本人は自然とそういう方向に進んでいるわけで、特別なことはしなくてもいいと思うね。

 だって、いまの親子3代を並べると、人類の進化みたいになっているじゃない(笑い)。じいさんはいちばん背も小さくて胴長短足で、孫世代はみんな足も長くて、顔も小さくて、かっこいいよ

──たしかに小顔の女性も増えているイメージがありますよね。

高須:そうだね。モデル体型のような女性は確実に増えている。でも、顔の大きさについてはそんなに関係ないかもね。みんな背が高くて足が長くなっているから、相対的に顔が小さく見えるんだよ。

──たとえば、昔は子供がO脚にならないように、小さいころから足をマッサージしてあげるといい、みたいなことも言われていましたが、小顔にするための特別な方法などはないんですか?

高須:いや、ないと思うよ。そもそもマッサージの効果も、たいしたことないからね。ただ単に循環を良くするだけのものであって、骨格そのものを変えることはできないんだよ。小顔マッサージっていうのもあるけど、循環が良くなってむくみが取れるという効果はあるけど、顔が小さくなるわけではない。いわゆる小顔矯正と呼ばれるものもそう。一時的に効果があるような気がするだけで、恒久的な効果は見込めない、というのが僕の見解だね。

──なるほど。マッサージはあくまで、その場しのぎというものなんですね。

高須:血流が良くなってリフレッシュした感覚は味わえるわけだから、それはそれで良いと思うよ。足のマッサージでむくみが取れて、足取りが軽くなるんなら、いいじゃない。

──ルックス的な問題だけでなく、子育てでは子供の能力をいかに伸ばしていくかということも重要ですが、たとえば「この習い事をさせるべきだ」というようなものはありますか?

関連記事

トピックス