• TOP
  • ライフ
  • 週刊誌「女性医師の手術はいやだ」記事に日本女医会が抗議

ライフ

2018.10.02 16:00  週刊ポスト

週刊誌「女性医師の手術はいやだ」記事に日本女医会が抗議

どうすれば最適な医療を受けられるか

 欧米では、医師の誤診リスクも含めた治療実績(パフォーマンス評価)に着目する傾向があるという。医療経済ジャーナリストの室井一辰氏がいう。

「治療実績と関係する医師の特徴は何かが研究されている。なかでも、近年医師の年齢と治療実績の相関関係を数値化した研究結果に大きな注目が集まっています」

 その1つがカリフォルニア大学ロサンゼルス校助教授の津川友介医師による研究だ。津川氏が160万人の症例を調査すると、内科医だと年齢が上がるほど患者の死亡率が高くなり、外科医だと逆に年齢が下がるほど患者の致死率が上がる結果になったのだ。

 また、性別によって医療過誤のリスクが変わってくるとする論も根強くある。

『週刊現代』の〈女性医師の手術はいやだ〉と題する記事(9月22・29日号)は、東京医科大学の女子受験生一律減点問題に対する世論の反発を受け、女性医師が増えると医療の質の低下に繋がると主張。〈力が必要な外科系手術は(男性より力の劣る)女性は得意でない〉などの論を紹介した。

 日本女医会・会長の前田佳子氏はこう抗議する。

「私の専門は泌尿器科ですが、8時間以上も立ちっぱなしで膀胱がんの手術を行なったこともある。体力のない医師は男性にもいて、“女性は外科手術ができない”などの話に根拠はありません。事実、女性医師が担当したほうが患者の死亡率が低いという研究データも存在します。医師の優劣や技量を性別だけで判断するのはあまりに乱暴です」

関連記事

トピックス