国際情報

中国脱獄犯 警官1300人、村民1000人で即確保し警察に称賛の声

脱獄犯はなぜすぐ捕まった?

 日本では大阪・富田林警察署から逃亡した樋田淳也容疑者を大阪府警3000人体制で捜索したが、結果的に発見されたのは48日後、山口県内だった。しかも、樋田容疑者を捕まえたのは道の駅の万引きGメンの女性だった。

 ところ変わって、中国の首都・北京市に隣接する河北省承徳市の第3刑務所でも、囚人2人が脱獄し、30km先の遼寧省の農村に潜んでいることが分かり、警察官1300人が動員されたほか、村民1000人も道案内や山狩りに駆り出されるなどの大捕り物が展開された。このさなかに、パトカーで警戒に当たっていた警官2人が事故のため死亡し、他の2人が負傷するなどの不慮の事故が発生したものの、脱獄囚2人は身柄を確保された。中国各紙が報じた。

 脱獄囚2人の名前は王と張で、王は2013年に11歳の少年を誘拐し殺害。逮捕されて、裁判では死刑判決が下されたが、その後、無期懲役刑に減刑。張は1999年、強盗容疑で逮捕され、懲役7年の刑で服役し2006年に釈放されたものの、2年後に再び強盗容疑で逮捕され、裁判では終身刑を言い渡された。

 2人はこれまでの1回ずつ脱獄しているが、逃走途中に捕まり、今回は2回目の脱獄。2人は10月4日、刑務所のキーカードや警官の制服などを盗んで一緒に脱獄した。中国では10月1日が建国記念日に当たる国慶節で、土日を含めると9連休となっていたため、刑務所の職員も交代で休みを取っていたため警備は手薄で、その隙を狙って2人は脱獄。

 脱獄の発覚後、警察は緊急非常警戒態勢を発令し、1300人の警官を動員して厳重な警戒網を敷いた。それと同時に2人の情報を提供すれば10万元(約170万円)、さらに2人の身柄を確保した場合は20万元(約340万円)という極めて異例の懸賞金を出すと発表した。

関連キーワード

関連記事

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
SNSでの発信力も大きい新庄ビッグボス(時事通信フォト)
新庄ビッグボスのインスタ投稿が波紋 「ファンとそれ以外の分断を煽る」の指摘も
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン