芸能

後藤久美子が女優復帰、背景に日本で芸能活動始めた娘の存在

神奈川でロケ中の後藤久美子

 映画『男はつらいよ』で女優復帰することになった後藤久美子(44才)。山田洋次監督(87才)たっての希望により、オファーが届き、それを承諾した形だという。

 ゴクミにとって『男はつらいよ』は、15才でマドンナ役を演じてから計5回出演している特別な作品。女優休業前に“最後”に出演した映画も『男はつらいよ』だった。そんななか、渥美清へのオマージュとなる記念すべき50作目の『男はつらいよ』に出演することは、ゴクミにとっても喜ばしいことだろう。

 長い空白期間を経てのゴクミの女優復帰には、ほかにも理由がささやかれている。それは「娘の存在」だ。

 国民的美少女として絶大な人気を誇ったゴクミは、20才の時にフランス人F1ドライバーのジャン・アレジ氏(54才)と出会い、1996年に渡仏。同年に長女エレナ(21才)、1999年に長男ジュリアーノ(19才)、2007年に次男ジョン(11才)と3人の子宝に恵まれた。

「海外で撮影できるCM出演やファッション誌以外の仕事はどんなにギャラを積んでも無理だといわれていました。ただ、今年に入って急にスタイルが変わったようです」(スポーツ紙記者)

 昨年9月、娘・エレナが雑誌でモデルデビューを果たした。世界中のセレブ令嬢が集まるパリ社交界でもデビュー、話題となった。

「エレナさんも後藤さんと同じ芸能事務所に所属。今年の2月に来日して芸能活動を始めました。英・ロンドンの映画製作の学校を卒業していて映画監督になりたいという夢もあるそうで、芸能界を勉強しておきたいという気持ちがあったようです」(前出・スポーツ紙記者)

 ゴクミとアレジのスーパー二世として注目を浴びたが、現状、思うような仕事ができていないという。

「エレナさんは身長が156cmと小柄でモデルとしてはなかなか厳しい。7月には『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)でテレビ初登場しましたが、バラエティーも単発で終わってしまった。感覚が外国人でハッキリした物言いが魅力でもあるが日本の雑誌や芸能界からは少し警戒されてしまい、スタートで躓いてしまった感があります」(テレビ局関係者)

 自分は自分、娘は娘と自立した関係を築いてきたゴクミだが、思わぬ状況を無視できなかったようだ。

関連記事

トピックス

自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本気なのか(時事通信フォト)
アンジャッシュ渡部建、復活の兆し 芸人仲間の「いじりネタ」とグルメキャラで浮上か
NEWSポストセブン
本田圭佑監督か
サッカー日本代表「次の監督は本田圭佑」に期待する声 実現への“最大の壁”は
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン