芸能

ローラや滝クリも警鐘、マイクロプラスチックによる環境汚染

インスタでマイボトル使用を呼びかけているローラ(撮影/小倉雄一郎)

 10月23日、衝撃的な研究結果が全世界をかけめぐった。オーストリアのウィーンで開かれた『胃腸病学会議』。欧州やアジアなどさまざまな国の被験者8人を対象にした研究で、被験者全員の排泄物から9種類の「マイクロプラスチック」が検出されたと発表した。その量は排泄物10g当たり平均20個。しかも、検出された被験者のなかには日本人もいた。

「マイクロプラスチック」とは、プラスチックゴミが微細化したもので、大きさが5mm以下のものをいう。私たちの体内には、知らず知らずのうちに大量のプラスチックゴミが入っているということだ。

 マイクロプラスチックを研究している愛媛大学の日向博文教授(沿岸海洋学)が語る。

「路上に捨てられたペットボトルやレジ袋、お菓子の袋などが、雨で流されて海に入ります。プラスチックの洗濯ばさみが1年もしないうちにボロボロになるのは、紫外線で劣化するからですが、同様に海上を漂うプラゴミも紫外線で劣化し、波の力などで粉々になる。それを小さなプランクトンや魚、貝、海鳥などがエサと間違えて食べてしまう。生態系への影響や海洋汚染が深刻な問題になっています」

 今年2月、台湾が使い捨てプラスチック製品を2030年までに全面的に禁止する方針を決定。4月にはイギリスが、プラスチック製のマドラーなどの使用を来年から禁止する計画を打ち出した。この動きは民間にも波及している。7月、大手コーヒーチェーンの「スターバックス」は、2020年までに全店舗でストローの使用を全廃すると公表するなど、世界中でプラスチックによる汚染が問題視されている。

 日本でも多くの著名人が声を上げ始めた。ローラ(28才)は10月28日のインスタグラムで、《ペットボトルのお水を買わなくなってなるだけマイボトルを持ち歩くようになったらどんどん愛着が湧いてきたんだ》とマイボトルの写真をアップし、《少しずつみんなで使い捨てプラスチックをなくしていこう》と呼びかけた。滝川クリステル(41才)は10月4日、自身のインスタで、WWF(世界自然保護基金)のキャンペーンの一環として、大量のゴミの海を泳ぐウミガメの絵をアップし、《野生生物の住まいや今置かれている厳しい現状について、学び・支援できる、新しい支援の形です》と環境問題への意識を促した。

 こうした世界的な環境保護への働きかけはこれまでもあったが、人体からマイクロプラスチックが検出されたとなると、もはや自然環境や野生動物だけの問題ではない。マイクロプラスチックによる海洋汚染について研究する東京農工大学の高田秀重教授が言う。

「マイクロプラスチックを食べた魚や貝を人間が食べれば、当然体内に入ります。今回の研究で、取り込んだマイクロプラスチックが便として排出されているとわかったので、物理的に体内に留まることはないと思います。一方で、プラスチックに付着した添加剤や化学物質は体内から出ていくわけではない。一部は食べたが最後、ずっと体に残り続けるんです」

※女性セブン2018年11月15日号

関連記事

トピックス

堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
「昭和の親父」を演じる阿部サダヲと「令和のワーママ」役の仲里依紗(時事通信フォト)
ドラマ『不適切にもほどがある!』阿部サダヲの“名言”4選「やりすぎ令和」に刺さる「昭和からの教え」
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
俳優・山本陽子さん(81)逝去 「悪女」役で人気、晩年は熱海でおひとりさまミニマル生活 CMしていた山本海苔との契約はギネス記録に
NEWSポストセブン
元店員がTwitterに(現X)投稿したLINEのスクショ画像
大阪王将「ナメクジ大量発生」投稿の元店員「威力業務妨害で逮捕」でどうなる 識者は「刑事は不起訴でも民事で損賠請求される可能性」指摘
NEWSポストセブン
MVP受賞を称える夕食会での大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、身につけるものから伝わるこだわりや信念 フォーマルファッション、愛犬の服など“私物のお値段”
週刊ポスト
ピエール瀧と伊勢谷友介
伊勢谷友介とピエール瀧が同日に“事件後初の舞台挨拶”登場 薬物事件からの復帰に待ち受ける「茨の道」
NEWSポストセブン
逮捕された細谷夫婦
【浅草・4歳女児毒殺妻の“裏の顔”】親子で「ちいかわ」ペアルック外出も、自宅では夫に「お茶を作りに戻れ」「殺せー!」と絶叫
NEWSポストセブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン
かつての“氷上のプリンセス”のデート現場をキャッチ
元フィギュア村主章枝「ビリビリ破れたパンツ」でイケオジと西麻布ワイルドデート
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン