芸能

パニック障害で休業のキンプリ岩橋玄樹、家から出られぬ生活

岩橋玄樹は活動休止までの壮絶な日々を…

「びっくりして、最近の雑誌を見返してみたら、確かに笑顔が少ないんです。それほど悩んでいたのかと思うと、本当に心配だし、悲しいです。早く復活して、元気な姿を見せてほしいです」

 熱心なファンは、そううなだれる──。

 King & Prince(以下キンプリ)の岩橋玄樹(21才)が10月26日、パニック障害の治療に専念するため休養を発表した。ファンが待ち望んでいたデビューから5か月での決断となる。

「発表の数日前も、目の下が真っ黒でした。ずっと水を飲んでいたのですが、薬のせいで喉が渇くらしいですね。ろれつも回っていなくて心配はしていたのですが…」(芸能関係者)

 近しい人は、予兆を感じていた。岩橋本人が19日深夜放送のドキュメンタリー番組『RIDE ON TIME』(フジテレビ系)で「ぼくはずっとパニック障害というものと闘ってきた」と告白し、「隠すより、こうやって言った方が気楽ですね」とも語っていた。

「休養がファンにとって突然のことにならないよう、配慮があったのでしょう」(テレビ局関係者)

 岩橋がジャニーズ事務所に入ったのは2010年のこと。涼しげな目元、すっと通った鼻筋、微笑むと頰に浮かぶえくぼなど、中性的なルックスは少女漫画に出てくる王子様を彷彿とさせる。雑誌『Myojo』(集英社)では、2014年から「恋人にしたいJr.」ランキングで5年連続1位に輝いた。今年5月にキンプリとして華々しくデビューして以降、その輝きは増すと見られていた。

「ストイックな性格で、デビュー後は、Jr.時代に比べて自分の番手が下がったのではないかと気にするところはありました。昔から人前でうまく笑えないと相談することはあったのですが、デビューして急激に人気が出て今までとは規模の違う仕事や大多数のファンを目の前にすることになり、一気に不安定になってしまった。仕事で不特定多数の人に囲まれ、過呼吸になってしまうこともありました。徐々に、家から出るのもつらくなり、食事は誰かに買ってきてもらったり、宅配を利用する毎日だったそうです」(前出・芸能関係者)

 休養は“一定期間”とされているが、12月から72公演が予定されている舞台『ジャニーズ King & Prince アイランド』には出演しないことが決まった。

「キンプリは『紅白歌合戦』(NHK)への出場が有力視されていますが、ここに岩橋くんが加わることはないでしょう。とにかく今は1~2年後にでも復帰できるように、しっかり治療する態勢のようです」(スポーツ紙記者)

 精神科医の片田珠美さんは、大きなストレスやプレッシャーを感じている人がパニック障害になりやすいと言う。

「突然、激しい発作(パニック)が起こり、冷や汗、身震い、窒息感などのほか、人によっては心臓が破裂しそうなほど動悸を感じると訴えます。その恐怖心が頭に残り、例えば電車でパニックになった経験があれば、もう電車には乗りたくなくなる。岩橋さんの場合、芸能活動の中で発作が出たから、休養に入ったのかもしれません。ただ他の不安障害と比べると予後はよいので、時間はかかりますがカウンセリングを受けたり、薬をのんだりして治療は可能です」

 まずはゆっくり休んでほしい。

※女性セブン2018年11月15日号

関連記事

トピックス

結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
2010年、慶応義塾大学を卒業した水卜麻美
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2010~2016】水卜麻美の世代には「視聴者の関心がアナウンサーとしての実力や親しみやすさに向き始めた」
週刊ポスト
政倫審もあれる中、岸田首相は大谷頼みで…
「大谷翔平結婚」で政倫審ウヤムヤにできた岸田首相、次はドジャース開幕戦のサプライズ観戦計画 “大谷頼み”が酷すぎる
NEWSポストセブン
結婚について語った大谷翔平(時事通信フォト)
《「いたって普通の人」》大谷翔平、お相手のパーソナリティーを一切明かさない“完璧な結婚報告会見”で見せつけた「格の違い」
NEWSポストセブン
「チョメチョメ」や昭和のスターや歌謡曲のオマージュなど小ネタが
いっぱいのドラマ『不適切にもほどがある!』に大ハマり中です!(番組のインスタグラムより)
【『不適切にもほどがある!』の魅力】昭和スターや歌謡曲オマージュも満載!“脚本のすべてを聞き逃したくない”から何度も見てしまう
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平が明かした結婚相手「普通の日本人」は7月にお披露目か 大物同僚妻との奥様会への参加はどうなる
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》「アナウンサーじゃなくて良かった」とファン安堵 大谷を守った“女性アナ隔離政策”
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》徹底した秘密主義で「このタイミング」だった理由「左手薬指へのキス」にファン違和感
NEWSポストセブン