• TOP
  • 芸能
  • 生稲晃子 「とても恥ずかしかった」水着撮影の思い出

芸能

2018.11.16 07:00  週刊ポスト

生稲晃子 「とても恥ずかしかった」水着撮影の思い出

現在は女優業のかたわら講演活動も

 AKB48や乃木坂46、欅坂46など、芸能界では大人数の女性アイドルグループが大人気だが、そのルーツとも言えるのが、1985年に誕生した「おニャン子クラブ」。元メンバーで、現在も女優として活躍する生稲晃子が、当時の思い出を語る。

 * * *
 1年2か月のおニャン子生活は本当に楽しかったですし、おニャン子での1分1秒はとても濃い時間でした。解散コンサートツアー中は、終わってほしくない、みんなとずっと一緒にいたいと、淋しくて仕方がなかったことを思い出します。

 この写真はソロになってからのもの。カメラの前で水着や下着になって表情を作るのはなかなか慣れず、とても恥ずかしかったですが、当時は海外での撮影が多く、日常と違う空気、美しい景色の中で、自然に慣れていくことができましたね。

【プロフィール】いくいな・あきこ/1968年4月28日生まれ、東京都出身。1986年6月おニャン子クラブに加入。「うしろ髪ひかれ隊」としても活躍。現在、女優や講演活動など活躍の幅を広げ『直撃LIVEグッディ!』(フジテレビ系、月~金、13時45分~)の水曜レギュラー、『スイッチ!!』(東海テレビ、月~金、9時50分~)の火曜レギュラー。「働き方改革フォローアップ会合」民間議員も務める。

撮影■木村晴

※週刊ポスト2018年11月23日号

関連記事

トピックス