ライフ

食パン戦国時代到来 並んでも絶対に食べたい専門店5選

イチローも愛する乃が美の食パン(撮影/深澤慎平)

 関西発の食パン専門店が次々と東京に進出する一方で、東京でも新進気鋭の店が続々とオープンし、今、東京で“天下分け目の戦い”が始まろうとしている。そこで、注目の食パン店を紹介する。

 約4年前から盛り上がり始めた“高級食パン”ブーム。最大の店舗数を誇る『乃が美』が、満を持して東京進出したことはメディアでも大きく報じられた。1時間待ちの行列や即完売が当たり前の“高級食パン”の魅力とは…?

「各店とも、生クリームや高級バターなど材料にとことんこだわっているので、一般的な食パンより甘みがしっかりしています。何より、“口どけ命”と言っていいほど、なめらか。今後は、激戦区と化した東京を中心に、この“口どけのよさ”が追求されていくのでは」(パン屋さんめぐりの会代表の片山智香子さん)

 幸せを運ぶ至福の口どけ、早朝から並んでもぜひ味わいたい。

■高級「生」食パン専門店 乃が美 麻布十番店
住所:東京都港区麻布十番1-9-7 麻布KFビル 1F
営業時間:11~18時
定休日:火曜

 11月15日に、全国108店舗目となる新店舗が初めて東京にオープン。『乃が美の「生」食パン』(2斤864円)は、「耳がいちばんおいしい」と言われるほどのやわらかさ。まずはちぎって、「生」の口どけを楽しみたい。

 初日はお客さんと報道陣が殺到し、開店1時間前からできた行列があっという間に店を囲んだ。

「イチローさんには空輸しています」(阪上雄司社長)というほど、名だたる著名人に愛されている。

■考えた人すごいわ 清瀬店
住所:東京都清瀬市元町1-10-13
営業時間:10~20時
定休日:不定休

 一風変わった店名もさることながら、パン好き女優の木南晴夏(33)がテレビで紹介したことで人気が過熱。ほどける口どけと、薄くやわらかい耳が大好評の看板商品『魂仕込』(864円)は、午前11時には完売する人気ぶり。週末には100人以上が大行列。11月には神奈川県菊名に2号店をオープンし、その勢いは加速中!

■PANYA ASHIYA TOKYO 駒沢店
住所:東京都世田谷区駒沢4-11-12パークハウス1F
営業時間:10~18時
定休日:水曜

 一番人気の『PREMIUM』(810円)は、人気カフェ『ロンハーマンカフェ』にも提供している超自信作。優しい甘さで、ふわふわ&もっちりした独自の食感に惚れ込むファン続出。

■銀座に志かわ 本店
住所:東京都中央区銀座1-27-12 キャビネットビル1F
営業時間:10~18時
定休日:不定休

 アルカリイオン水で仕込んだ『水にこだわる高級食パン』(864円)は、そのままはもちろん、きんぴらごぼうや奈良漬けをのせても相性◎。

■午後の食パン これ半端ないって!
住所:神奈川県相模原市緑区橋本2-17-21 AYAビル1F
営業時間:10~18時
定休日:月曜

 レーズン入りの『仕方ない午後』(1058円)は焼き上がり前に配布される整理券で連日完売。独自配合した小麦粉と生クリームによるなめらかな食感はケーキのよう。

※女性セブン2018年12月13日号

関連記事

トピックス

「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
芸能界にもギャラ飲みを活発に行う女子たちがいるという(写真はイメージ/AFLO)
国民的アイドルOBやグラドルも参加 国税が「ギャラ飲みにメス」で震える芸能人たち
NEWSポストセブン
大久保で買ったというペアルックのスタジャン姿の、坂口杏里(左)と進一さん
坂口杏里、“睡眠薬横流し疑惑”を完全否定「家のどこかに置いたままです」
NEWSポストセブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
学生時代の三浦容疑者(SNS「mixi」より)
寝た園児に「ご臨終です」虐待逮捕の元保育士 SNSには「ちびたちが大好きなやつです」
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン
K
globe・KEIKOが新曲発表へ 小室哲哉がレコーディングに参加も“共演NG”状態
女性セブン
なぜ選手個人のアカウントに批判コメントを投稿するのか(写真前列左から2人目が吉田選手。Getty Images)
森保一監督、選手に求めた自己犠牲の精神 主張の強い海外組をまとめた「交際術」
女性セブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン