芸能

寺島しのぶ長男、歌舞伎俳優御用達学校ではなく最難関校に合格

寺島しのぶと眞秀くん

“お受験”の結果が発表され、難関に挑んだ芸能人の子女たちの泣き笑いが聞こえてくる季節。なかでも注目されたのは、歌舞伎界のプリンスたちの進路だった。

「市川海老蔵さん(40才)の長男、勸玄くん(5才)は、姉の麗禾ちゃん(7才)と同じ都内の有名私立・Aを受験し、見事に合格しました。ところが、“当然Aを受験する”と思われていた寺島しのぶさん(45才)の息子の眞秀くん(まほろ・6才)が、別の有名私立・Bに合格。この“異変”にザワついているんです」(歌舞伎関係者)

 Aは歌舞伎に対する学校の理解が深く、学業との両立が可能だとされている。“歌舞伎俳優御用達学校”とも呼ばれ、海老蔵や父親の故・市川團十郎さん(享年66)、さらに寺島、父親の尾上菊五郎(76才)、弟の尾上菊之助(41才)もAの出身。近年は歌舞伎界の大名跡を継ぐ者は、Aに入学するのが“決まりごと”のようになっていた。

 一方のBはAより合格が難しいといわれるお受験の“最難関校”だが、歌舞伎界においての人気は高くない。

「B出身の歌舞伎関係者もいるにはいますが、あまり多くありません。学業と稽古の両立もかんたんではない。しかも寺島さんは海老蔵さんと仲もいいですからね、不思議です」(別の歌舞伎関係者)

 なぜ、寺島はあえてBの受験を決めたのか。

「眞秀くんは昨年5月に“初お目見え”を果たしていますが、将来的に跡取りにはなれません。菊五郎になるのは弟・菊之助さんの長男で、眞秀くんより1才年下の和史くんというのが既定路線です。来年、和史くんがAに入学し、将来の團十郎や菊五郎と同じ小学校に通いながら、自分は大名跡を継げないという“現実”を、いずれ眞秀くんは突きつけられることになる。それを知ったうえで厳しい芸事の練習に励むのは、とてもつらいでしょう。

 その苦しさは、歌舞伎役者になりたくてもなれなかった寺島さん自身が痛いほどわかっている。だから、将来、眞秀くんが“歌舞伎とは違う世界に”と思った時に備えて、より選択肢が広がるBを受験させたのかもしれません」(前出・別の歌舞伎関係者)

 そのBに今年は石田純一(64才)と東尾理子(43才)夫妻の長男・理汰郎くん(6才)も合格したという。寺島が息子のために選んだ道は海老蔵との絆より、東尾の“ママ友”となるようだ。

※女性セブン2018年12月13日号

関連記事

トピックス

小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
44枚の入札説明書
【入手】安倍氏国葬の入札に出来レース疑惑 受注した日テレ系1社しか応募できない「条件」だった 44枚の入札説明書で判明
NEWSポストセブン
空港でがっくり肩を落とす姿が目撃された吉田輝星(時事通信フォト)
日本ハム・吉田輝星がハプニング! チームの移動に「大遅刻」でビッグボスと同じ便
NEWSポストセブン
須藤弥勒と「横峯パパ」の秘密特訓に密着
天才ゴルフ少女・須藤弥勒のコーチに横峯良郎氏が就任 注目コンビの秘密特訓に密着
週刊ポスト
食欲旺盛がパワーの源になっている宇内梨沙アナ(写真ロケットパンチ)
TBSの次世代エース・宇内梨沙アナ「止まらない深夜のカツ丼爆食」に心配の声
NEWSポストセブン
岸田政権の行方は…(時事通信フォト)
トップが絶対に使ってはいけないフレーズ 岸田首相の口癖に学ぶ
NEWSポストセブン
山井氏の写真証(本人のインスタグラムより)
不倫・妊娠で辞任の34才女性社長 先代・父の評は「やっちゃう子」、歴代彼氏も全員親に紹介
NEWSポストセブン
佳代さんの過去が思い起こされる
小室佳代さん、再びのトラブルで思い出される艶やか年賀状「愛とカネ」56才魔性の女子力
NEWSポストセブン
閉店した江戸政
「生つくね」が看板の名店『江戸政』が98年の歴史に幕、生肉提供へのSNS批判に店主が発した「声明文」
NEWSポストセブン
安達祐実
安達祐実「コスメブランド」発表! 美容業界進出の陰に“断絶の母”のサポート
NEWSポストセブン
『一撃』がビジュアル系シーンに新たな風を吹き込む(公式サイトより)
ビジュアル系版ファーストテイク『一撃』にファン興奮 「V系は歌が下手」の偏見払拭へ
NEWSポストセブン