芸能

小林亜星 『寺内貫太郎一家』当時の西城秀樹を振り返る

希林さんと秀樹さんの思い出を語る小林亜星

 2018年5月16日、西城秀樹(享年63)が逝去。その4か月後、9月15日、樹木希林(享年75)がこの世を去った。奇しくも同じ年に亡くなった稀代のスターと名女優の人生は、約半世紀前に交錯し、それから長く深い、心温まる交流を続けてきた。そんなふたりの交友秘録を紹介しよう。

 平成最後のクリスマスがやってくる。聖なる夜に大切な人のことを想う。そんな気持ちは、いつの時代も変わらない。1990年代後半の12月24日の夜のことだ。突然、西城秀樹の電話が鳴った。

「秀樹、大丈夫? クリスマスもひとりぼっちで過ごしてるんじゃないよね」

 40才を過ぎて、まだ独り身だった秀樹のことを、ふと思い出して心配になった。電話をかけたのは樹木希林だった。

「大丈夫、大丈夫。友達の家族のクリスマスパーティーで楽しんでるから」

 そう答えた秀樹を、樹木は叱ったという。

「よその家族のパーティーに交ぜてもらってる場合じゃないわよ。あんた、いつになったら結婚するのよ──」

 この40年間、ふたりはいつも年の離れた姉と弟だった。

 樹木と秀樹が出会ったのは、1974年放送開始のホームドラマ『寺内貫太郎一家』(TBS系)でのことだ。当時「悠木千帆」を名乗っていた樹木は31才、秀樹はまだ19才だった。

 音楽家としては著名だったものの、俳優未経験の小林亜星を主役に抜擢し、平均視聴率30%を超える国民的ヒットを記録。そのドラマの中で、樹木と秀樹は「祖母と孫」という関係を演じた。

 30代で老婆を演じた樹木は髪だけでなく、まつげまでも脱色した上で老けメイク。常に指ぬき手袋をつけていたのも、若すぎる肌が露出することを嫌ってのことだった。

 劇中、家族でちゃぶ台を囲むシーンでは、口からご飯粒を飛ばす樹木に「汚ねえなァ、ばあちゃん」と秀樹が文句を言うのがお決まり。昭和の頑固オヤジ・貫太郎(小林)が激怒する名物シーンでは、ふたりとも容赦なく投げ飛ばされ、建具が壊れることは日常茶飯事だった。

 秀樹に至っては、力余って茶の間から庭まで投げ飛ばされて、なんと右腕を複雑骨折。1か月の休業を強いられたこともあった。

 そんな人気ドラマの舞台裏で、出演者同士、家族のような濃密なつきあいが始まった。当時すでにスターの座を確立していた秀樹も、家族の中ではまだ“若造”だった。収録の合間、小林のほか出演者の左とん平、由利徹、伴淳三郎の男性陣が車座になり、19才の秀樹を手招きしては、「猥談」に花を咲かせ、真っ赤になって照れる秀樹を面白がった。それを見ていた樹木は一言。

「あらあら、はしたないねー」

 だが、秀樹も後年、樹木との座談会でこんな逸話を明かしている。

関連記事

トピックス

中尾彬さん(時事通信フォト)
《“ねじねじ”で愛された中尾彬さん(81)が急逝》大病を機に始めていた“終活”、コワモテ俳優からコメンテーターとして人気を博した晩年
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
亡くなったシャニさん
《7か月を経て…》ハマスに半裸で連行された22歳女性が無言の帰宅、公表された最期の姿「遺体の状態は良好」「肌もタトゥーもきれいに見える」
NEWSポストセブン
別居を認めたMEGUMI
《離婚後の大活躍》MEGUMI、「ちゃんとした女優になる」を実現!「禁断愛に溺れる不倫妻」から「恐妻」まで多彩な“妻”を演じるカメレオンぶり
NEWSポストセブン
フジコ・ヘミングさん(撮影:中嶌英雄)
《フジコ・ヘミングさん追悼》「黒柳徹子さんがくれたお土産」「三輪明宏さんが家に来る時は慌てて…」密着した写真家が明かす“意外な交友関係”
NEWSポストセブン
ギャンブル好きだったことでも有名
【徳光和夫が明かす『妻の認知症』】「買い物に行ってくる」と出かけたまま戻らない失踪トラブル…助け合いながら向き合う「日々の困難」
女性セブン
破局報道が出た2人(SNSより)
《井上咲楽“破局スピード報告”の意外な理由》事務所の大先輩二人に「隠し通せなかった嘘」オズワルド畠中との交際2年半でピリオド
NEWSポストセブン
ポジティブキャラだが涙もろい一面も
【独立から4年】手越祐也が語る涙の理由「一度離れた人も絶対にわかってくれる」「芸能界を変えていくことはずっと抱いてきた目標です」
女性セブン
木本慎之介
【全文公開】西城秀樹さんの長男・木本慎之介、歌手デビューへの決意 サッカー選手の夢を諦めて音楽の道へ「パパの歌い方をめちゃくちゃ研究しています」
女性セブン
大谷のサプライズに驚く少年(ドジャース公式Xより)
《元同僚の賭博疑惑も影響なし?》大谷翔平、真美子夫人との“始球式秘話”で好感度爆上がり “夫婦共演”待望論高まる
NEWSポストセブン
中村佳敬容疑者が寵愛していた元社員の秋元宙美(左)、佐武敬子(中央)。同じく社員の鍵井チエ(右)
100億円集金の裏で超エリート保険マンを「神」と崇めた女性幹部2人は「タワマンあてがわれた愛人」警視庁が無登録営業で逮捕 有名企業会長も落ちた「胸を露出し体をすり寄せ……」“夜の営業”手法
NEWSポストセブン
河村勇輝(共同通信)と中森美琴(自身のInstagram)
《フリフリピンクコーデで観戦》バスケ・河村勇輝の「アイドル彼女」に迫る“海外生活”Xデー
NEWSポストセブン