ビジネス

「やりたいことがない」2人の就活生 退職と活躍の「明暗」

2人の若者の違いとは…?

 就職活動の面接と言えば、「志望動機」がお決まりの質問だ。「自分は何をやりたいのか」──学生にとっては(あるいは社会人にとっても)難しい問いと言えるだろう。では「やりたいことがない」と言っていた学生は、その後どうなったのか? 就活塾・キャリアアカデミーの宇佐川景子氏が2人のケースを報告する。

 * * *
 最近の大学生は、3年生の夏になると何社かのインターンに行くことになります。彼らの多くは「将来どんなことをしたいのか?」という問いに対し、口を揃えて、金融、航空、食品、広告などの業界を挙げ、「企画の仕事をしたいです」と答えます。この受け答えの“トレンド”は、少なくともこの7~8年間、変わりません。

 ただ、この1~2年、変化を感じています。「どんなことをしたいのか?」という質問に「特にやりたいことはない」という学生が増えているのです。

「どうすればやりたいことが見つかりますか?」という質問もよく受けますが、その言葉の裏には「ホントは働きたくない」という気持ちを感じます。通勤する疲れた先輩サラリーマンの背中を見ていたら、無理もないことかもしれません。

 やりたいことがないのであれば、とりあえず大企業を受けることになりますし、大企業自体は確かに、恵まれた環境が多いと言えます。しかし、だからといって企業の理念や、求める人物像に“合わせて”入社したとしても、必ずしも幸福は約束されません。

「やりたいことがない」ままに大企業に入社した、2人の明暗を紹介します。

●大企業を1年で辞め、転職先でも“戦力外通告”されたAさん

 Aさんも多くの就活生と同様に、本当は働きたくなくて、仕方なく就活し、世間体もあることから内定が欲しい一心で、盛りに盛ったアピールで、大手企業に就職できました。福利厚生は充実し、給料も悪くありませんでした。しかし「やりがいも面白みもないこの仕事を、あと40年も続けると思うと、どうしても耐えられなくなりました」と言って1年で辞め、ベンチャーに転職しました。

「転職して、確かに給料は下がりましたが、人間関係がよく、ノルマもなく、稟議書をまわずなど余計な仕事もなく、大企業よりよっぽどホワイトだと感じました」と、転職はうまくいったように見えました。

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン