国内

「インスタグラマー養成」スカウト詐欺 中学生も狙われる

インスタグラマーにスカウトする詐欺、中学生も被害に

 芸能人やモデルになりませんかとスカウトし、登録やレッスンなど、様々な口実でお金を集めるのだが肝心の芸能仕事はほとんど無い。こういった、お金を取るだけの芸能事務所もどきがあることは、今では世間に広く知られている。最近では、芸能人ではなく「インスタグラマー」へのスカウトと、そこから発生するトラブルが登場している。中学生が相手でも貪欲に契約を迫ってくるグループの実態について、ライターの森鷹久氏がレポートする。

 * * *
「投稿するたびに“スカウト”が来る! マジでウザい!」
「ブロックしてもすぐ別の“スカウト”来るし」
「詐欺だとわかるから無視するけど、あまりにもウザすぎる」

 雑誌やネットの通販サイトでモデルとして活躍する女性たちが口をそろえて「ウザい!」と怒るのは、インスタグラムなどのSNSに何者かによって書き込まれる次のようなメッセージについてである。

「初めまして! 書き込み見させてもらいました。インスタグラマーにスカウトさせていただきたいのですが、メッセージ貰えれば詳細送ります!」

 今や、そこらの芸能人よりも影響力、情報拡散力があるとされる一般人のインスタグラマー達。前出のモデルは、雑誌一本でやってきた時代よりも、インスタのある今のほうが「儲かる」と話すほどだが、そうした背景があってか「インスタグラマースカウト詐欺」という、新しい形の詐欺案件が広がりつつあるようだ。

 実際に娘が「インスタグラマー」にスカウトされたという、東京都内在住の主婦・Aさん(40代)は、そのやり方があまりにも悪質であると憤る。

「中学生の娘のインスタに“スカウトメッセージ”が書き込まれたのは、夏休み前ごろでした。年頃の娘ですから、ユーチューバーやインスタグラマーのきれいな女の子に憧れていたようで、スカウトメッセージに反応してしまった…。SNSでのやり取りだから、私たちも気が付くことができず、気が付いた時には娘は自身の貯金を払い込み、ティッシュ配りやガールズバーでのアルバイトまでやっていたんです」(Aさん)

 Aさんの娘・B子さんは、自身のインスタに届いた自称スカウトと実際に電話で連絡を取り合い「インスタグラマーを養成する」というセミナーに勝手に参加してしまっていた。セミナーは全五回で十数万円するという高額なものだったが、B子さんは自称スカウトに丸め込まれ、Aさんに内緒で、貯金10万円を下ろし、支払っていたのだ。さらに残金については、自称スカウトが紹介するアルバイトによって支払うなどと口約束まで取り交わしていた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
佐藤浩市
佐藤浩市の役作り「どんな役でもプライベートな体験と重ねることはない」
女性セブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
「日本はいずれ存在しなくなるだろう」の真意は?(写真/AFP=時事)
イーロン・マスク氏「日本はいずれ存在しなくなるだろう」“衝撃予言”の真意
週刊ポスト
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト
悠仁さまはクラスに馴染もうとされているという(時事通信フォト)
悠仁さま「校内でも常に警護」 筑附名物行事中止で遠のく「高校デビュー」
週刊ポスト
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
神戸山口組幹部自宅に車両突っ込み 分裂抗争再燃か、変化する六代目山口組の動き
週刊ポスト
妻・国分佐智子と歩く林家三平
国分佐智子の美貌健在「落語界一の美人妻」抱える林家三平にTikTokナンパ疑惑
NEWSポストセブン
2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻
上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン