スポーツ

格闘技観戦にも高齢化の波 見たい試合だけを選ぶ傾向

フロイド・メイウェザー(左)と那須川天心(AFP=時事)

 2000年代の格闘技ブームとともに始まった、大晦日の格闘技興行。2018年の大晦日に行われるRIZINでは、神童と呼ばれる那須川天心と無敗のままボクシング5階級制覇をしたフロイド・メイウェザーによるスペシャルエキシビジョンに注目が集まっている。

 チケットの売れ行きも好調だが、格闘技ブーム最盛期のようにさいたまスーパーアリーナ全体を興奮が包み、期待と興奮と喜びで膨れ上がるような雰囲気は、おそらく再現できないだろうと言われている。様々な理由が囁かれているが、もっともよく聞かれるのはファンの高齢化だ。

「格闘技ブーム最盛期に20~30代だった人が、40~50代になっても観戦を楽しんでくれるのは嬉しいですが、若い頃と同じようにはできない。大晦日の『RIZIN14』は昼3時に始まって、終わるのは夜11時半くらいの予定です。20歳だったら全部を見続けられるかもしれないけれど、40歳になったらそうもいかない。仕方が無いので、どうしても見たい試合だけを選んで見ている人が多いです」(格闘技ライター)

 たとえば、全14試合のうち、どうしても見たいのは第7試合と第8試合、第13試合だとしたら、15時の大会オープニングより2時間くらい遅くに会場へ到着し、第8試合まで見る。その後、同じ姿勢を長く続けると腰痛によくないので、席を外して売店の周辺で軽食を食べながら小休止。第12試合が始まるころに席へ戻り、第13試合を堪能。満足して、さいたま新都心駅へ向かう。

 メイウェザーと那須川が気にならないわけではないが、スペシャルエキシビジョンなので、録画で確認することにした。それより、大晦日の終夜運転があるとはいえ、本数が極端に少ないさいたま新都心駅から確実に帰宅することを選ぶ──。

 こんなふうに、大会の試合から数試合を選んで観戦し、遅く来場したり、早めに会場を後にする観客は少なくない。

関連キーワード

関連記事

トピックス

かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
上島さんがよく歌った『ホームにて』とは
有吉弘行が上島竜兵さんに捧げた中島みゆき『ホームにて』 都会で踏ん張る2人を支えた一曲
女性セブン
高木菜那の爽やかな笑顔
スケート高木菜那に「可愛い!」の声殺到 天然系&大食いキャラで「新バラエティ女王」への期待
NEWSポストセブン
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
「とにかく便利」という「テスラ」
愛車はテスラの猪瀬直樹氏(75) 「メーカーは踏み間違えても事故らない車を」
週刊ポスト
侵攻間もない3月9日、首都キーウでは軍事演習が行なわれていた(写真=Reuters/AFLO)
ロシアによるウクライナ侵攻 「出口なき戦争」の現在地、その被害と損失戦力
週刊ポスト
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン