スポーツ

格闘技観戦にも高齢化の波 見たい試合だけを選ぶ傾向

フロイド・メイウェザー(左)と那須川天心(AFP=時事)

 2000年代の格闘技ブームとともに始まった、大晦日の格闘技興行。2018年の大晦日に行われるRIZINでは、神童と呼ばれる那須川天心と無敗のままボクシング5階級制覇をしたフロイド・メイウェザーによるスペシャルエキシビジョンに注目が集まっている。

 チケットの売れ行きも好調だが、格闘技ブーム最盛期のようにさいたまスーパーアリーナ全体を興奮が包み、期待と興奮と喜びで膨れ上がるような雰囲気は、おそらく再現できないだろうと言われている。様々な理由が囁かれているが、もっともよく聞かれるのはファンの高齢化だ。

「格闘技ブーム最盛期に20~30代だった人が、40~50代になっても観戦を楽しんでくれるのは嬉しいですが、若い頃と同じようにはできない。大晦日の『RIZIN14』は昼3時に始まって、終わるのは夜11時半くらいの予定です。20歳だったら全部を見続けられるかもしれないけれど、40歳になったらそうもいかない。仕方が無いので、どうしても見たい試合だけを選んで見ている人が多いです」(格闘技ライター)

 たとえば、全14試合のうち、どうしても見たいのは第7試合と第8試合、第13試合だとしたら、15時の大会オープニングより2時間くらい遅くに会場へ到着し、第8試合まで見る。その後、同じ姿勢を長く続けると腰痛によくないので、席を外して売店の周辺で軽食を食べながら小休止。第12試合が始まるころに席へ戻り、第13試合を堪能。満足して、さいたま新都心駅へ向かう。

 メイウェザーと那須川が気にならないわけではないが、スペシャルエキシビジョンなので、録画で確認することにした。それより、大晦日の終夜運転があるとはいえ、本数が極端に少ないさいたま新都心駅から確実に帰宅することを選ぶ──。

 こんなふうに、大会の試合から数試合を選んで観戦し、遅く来場したり、早めに会場を後にする観客は少なくない。

関連キーワード

関連記事

トピックス

小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
プーチン大統領は何もかも秘密…(写真/イタルタス通信=共同)
「プーチン大統領の排泄物番」は出世コース ロシアの国家機密を守る超エリート
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト