国内

7月参院選前の内閣改造 桜田氏と片山氏去り進次郎氏入閣か

新入閣の目玉になるか(時事通信フォト)

 御代がわりの2019年のニッポン政治に何が起きるのか。安倍首相が1月召集の通常国会に9条改正の憲法改正案を提出すれば、自公連立の枠組みが大きく揺れ始める。北方領土の雲行き次第では解散→W選も。はたまたそれが“前倒し都知事選”(現在の小池都知事の任期は五輪期間中に切れる)の引き金になり得るという見方もある。

 7月参院選単独か、ダブル選挙か、トリプルか。いずれのケースでも、選挙前に内閣改造が行なわれる公算が高い。

「USBは穴に入れるらしい」の答弁で世界に名を馳せた桜田義孝・サイバーセキュリティ担当相やスキャンダルが止まらない片山さつき・女性活躍相を交代させておく必要があるためだ。

 新入閣の目玉はズバリ、小泉進次郎氏だと予測するのは評論家の屋山太郎氏だ。

「仮に4月の統一地方選で自民が苦戦し、景気の減速などで支持率が低下する事態に直面すれば、参院選前に“進次郎入閣カード”が切られる可能性がある。安倍総理よりも菅義偉・官房長官のほうが強い関心を持っていると考えます。

 参院選勝利のためならあらゆる手を打つ覚悟の菅氏が劣勢を挽回するために有効と判断すれば躊躇うことはない」

 注目されるのはポストだ。屋山氏はこう見る。

「可能性が高いのは官房副長官ですが、農業改革や社会保障改革に取り組んでいることから農水大臣や厚労大臣もある。政権内で影響力が大きくなる一方の菅氏がやらせると言えば、進次郎と折り合いが良くないとされてきた安倍総理もノーとはいえません」

※週刊ポスト2019年1月11日号

関連記事

トピックス

パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
悠仁さまは天皇陛下から帝王学を学ばれていないが
悠仁さま“自由な選択”を尊重し、バドミントン部に入部か 帝王学への不安も
女性セブン
「JAPAN PODCAST AWARDS」で表彰される上出遼平氏(『ニッポン放送TV』の公式YouTubeチャンネルより)
元テレ東・大橋未歩アナの夫・上出遼平Pが退職へ「テレビはジリ貧」 敏腕テレビマン続々流出の背景
NEWSポストセブン
YouTubeチャンネルを開設した綾部祐二(本人の公式ページより)
ピース綾部祐二がYouTube開設「何で稼いでいるんだ」優雅なNY生活インスタに込めた真意語る
NEWSポストセブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
病院発砲事件は「ケーキ片手に発砲事件」の報復か 過激化する山口組分裂抗争
NEWSポストセブン
「人妻じゃなくなる」発言をした華原朋美(オフィシャルブログより)
華原朋美、FCサイトで突然「人妻じゃなくなります。あと1時間で」宣言 事務所は「冗談です」
NEWSポストセブン
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
女性セブン
悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン