国内

女性狙うホスト、泥酔時に480万の会計つけ「死ね」とLINE

聖子さんと担当ホストのLINE

 昨秋以来、東京・新宿の歌舞伎町で飛び降りが後を絶たない。その多くが若い女性だ。10月のわずか1か月間で、100mほどしか離れていない2棟のビルで起きた飛び降りは、未遂も含めて少なくとも7件。

 ホストクラブ常連客で、ホストに入れ込んでお金が尽き、借金まみれになって自殺をはかる女性があとをたたないという見方が強い。

 都内に住む聖子さん(34才)もホストにはまって大金を注いだ。お金と愛情の狭間で精神のバランスを崩し、何度も自殺未遂を起こした。

 人材派遣会社の経営と株で生計を立てる彼女が、「京也」(仮名)というホストに出会ったのは1年ほど前だという。

「出会いはツイッター。アイスクリーム店で働いていると言われ、やり取りするようになりました。私が甘い物好きだと言うと『おいしいケーキ屋に行かない?』と誘ってくれたので、実際に会いました。イケメンで、最初に1本のバラを渡されて感激しました」(聖子さん)

 出会った翌月、「いずれ自分でイベント会社を立ち上げるためにホストもしている」と明かされた聖子さんは、誘われるがままホストクラブに通うようになった。最初こそ3000円だったが、3万、5万、10万円…と使う金額は瞬く間にふくれ上がった。

「徐々にまひしていくんです。『無理させてごめんね』と言われて、入れるシャンパンボトルの値段は少しずつ上がって、一度に50万円くらい使っていました」(聖子さん)

 貯金額を聞かれて不審に思うこともあったが「無理をさせたくないから聞くんだよ」と言われれば、その優しさを信じた。毎日LINEを送り合い、甘い言葉を囁かれた。

「『早く一緒になろうな』とか『愛している』と頻繁に言われ、愛されている感覚に陥っていました。男友達の連絡先をスマホから消され、自分の世界は彼だけになっていきました」(聖子さん)

 稼ぎが足りず、満足にホストクラブへ通えない時期ができると、聖子さんは徐々に精神の安定を失った。睡眠時間を削って働いてでも京也にお金を使ってあげたい。稼げない自分は死んだ方がマシ。そんな思考に陥り、「彼の前で死ねば、一生覚えていてもらえる」と考え始めた。多量の睡眠導入剤をのんでリストカットをし、入院もした。

 京也からは「カネで愛を証明できないなら自傷しろ」とのLINEが届くようになり、それはやがて「死ね」になった。

「酔って記憶がない時に480万円の会計をつけられたこともあります。そして、消費者金融で借りて来いと。でも正常な精神じゃないから誰にも相談しないし、追い詰められるだけでした」(聖子さん)

関連記事

トピックス

古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
「二時間だけのバカンス」のMV監督は椎名のパートナー
「ヒカルちゃん、ずりぃよ」宇多田ヒカルと椎名林檎がテレビ初共演 同期デビューでプライベートでも深いつきあいの歌姫2人の交友録
女性セブン
愛子さまの選択はご公務にも影響を与える可能性
【宮内庁の公式インスタグラム】「フォローする・しない」が外交上のトラブルを生む可能性 “誹謗中傷”\\\\\\\\\\\\\\\"いいね至上主義”のリスクも
女性セブン
結婚生活に終わりを告げた羽生結弦(SNSより)
【全文公開】羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんが地元ローカル番組に生出演 “結婚していた3か間”については口を閉ざすも、再出演は快諾
女性セブン
95歳で亡くなった宗田先生
《宗田理さんラストインタビュー》『ぼくらの七日間戦争』は「子ども向けに書いたものではなかった」根底にあった戦争体験と国家への不信感
NEWSポストセブン
(写真/PIXTA)
【紅麹問題で注目される“サプリメントの闇”】すべての製品の有効性・安全性が担保されていない実情、「機能性表示」という仕組みにも問題アリ
女性セブン
NHK中川安奈アナウンサー(本人のインスタグラムより)
《広島局に突如登場》“けしからんインスタ”の中川安奈アナ、写真投稿に異変 社員からは「どうしたの?」の声
NEWSポストセブン
コーチェラの出演を終え、「すごく刺激なりました。最高でした!」とコメントした平野
コーチェラ出演のNumber_i、現地音楽関係者は驚きの称賛で「世界進出は思ったより早く進む」の声 ロスの空港では大勢のファンに神対応も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
5月31日付でJTマーヴェラスから退部となった吉原知子監督(時事通信フォト)
《女子バレー元日本代表主将が電撃退部の真相》「Vリーグ優勝5回」の功労者が「監督クビ」の背景と今後の去就
NEWSポストセブン