• TOP
  • スポーツ
  • 悪童だった原口元気 教育係・槙野智章の褒めるスキルで更生

スポーツ

2019.02.01 07:00  NEWSポストセブン

悪童だった原口元気 教育係・槙野智章の褒めるスキルで更生

ロシアW杯ベルギー戦、得点した原口は槙野に向かって飛びついた(Imaginechina/時事通信フォト)

 この時期、日本代表経験もあるベテラン選手が「元気は変わりましたね。“おはようございます”が言えるようになった。昔は首を振りながら“ちぃーっす”でしたから(笑)」と明かしていたから、確かに原口は変わり始めたのだろう。

 ただ、人間そんなに急に変わるものでもない。その後も原口は小さなトラブルをたびたび起こしている。

 2012年9月、国立での柏戦では交代直後に感情を露わにしてベンチでひと悶着。2013年の6月には練習中に不満を表し、クーラーボックスを蹴り上げるなどして練習が中断。メディアを騒がせた。

 この時期の監督だったミハイロ・ペトロヴィッチは、組織的なコンビネーションを重視する指揮官であり、ドリブル突破が得意な原口にとって、適正ポジションが少ないシステムということも相まって、ストレスがたまる時だったのかも知れない。

 だが、ペトロヴィッチは原口をかばった。

「試合後に原口とは話をしましたし、なぜ交代させたということ、あるいは私は監督であるとともに彼に人間性というものも学んでほしいと思っている人間として、選手として、人として、自分のふるまいがどうであったかということを彼と話しました。彼はそれを十分に理解し、行なった行為について後悔し、反省しています」(2012年10月7日の試合後会見=オフィシャルHPより)

「元気という選手は決して悪い人間ではありません。彼は非常に純粋であり素直な人間です。時として感情の高ぶりを自分で抑えられないことは事実ですが、どんな人間にもいい部分とそうでない部分があると思います。彼はそういった自分の情熱的な部分を抑えられるように、できるだけそれをコントロールできるようになっていってほしいと思いますし、これから努力するべきだと思います」
「どんな人間にも間違いはあると思います。その間違いから学んでくれれば私はいいと思います。我々も家族として彼をサポートできれば」
「若い選手に間違いがあったとしても、我々はその間違いを正してあげたいと思います」(2013年6月22日の試合後会見=オフィシャルHPより)

 心の内面までを見透かされたような数々の言葉は、原口の胸に突き刺さったのだろう。いずれのケースでも原口は即座に謝罪し、チームメイトもそれを受け入れた。

 2014年、原口はドイツブンデスリーガのヘルタベルリンへの移籍が決まった。壮行試合となった6月1日のナビスコカップ名古屋戦。後半15分、原口のフリーキックのこぼれ球をゴールに押し込んだ槙野は、すかさずユニフォームを脱ぎ捨てた。あらわれた赤いアンダーシャツの背中には原口の背番号9。前面には「浦和→ドイツ=ロシアW杯 バイバイ泣き虫ゲンキ!!元気!!」の文字が。教育係からのちょっと辛口な激励メッセージだった。

 海を渡った原口は格段に成長した。いつしか素行について物議を醸すようなことはなくなっていった。

 2016年10月、13年ぶりにレッズがナビスコカップを獲った。数日後、クラブハウスには祝福の赤い花束が贈られた。原口が手配したものだった。

 槙野は花の写真を添えて、インスタグラムで嬉しそうに報告した。

〈ここまで出来るようになったとは、教育係として本当に嬉しいよ!!! 俺が2012年に浦和に来て原口元気というヤンチャな選手の教育係になった。そんな男が時間を重ねるとたくましく、強く変わっていった。

 人前でスピーチをし、結婚もし、人にありがとうも言えるようになり、エレベーターの開くボタンも押せるようになり、先輩のご飯にも「ご馳走様になりました」まで言えるようになった。本当に嬉しかった。今は日本を代表する選手までになった。泣き虫元気が、ここまで大きくなった〉

 最大限の賛辞だった。

関連記事

トピックス