• TOP
  • 国内
  • 中学受験 学習院、成蹊、成城など「お坊ちゃん校」人気再燃

国内

2019.02.14 07:00  NEWSポストセブン

中学受験 学習院、成蹊、成城など「お坊ちゃん校」人気再燃

◆新しい大学入試は“全人的評価”に?

 2020年度以降の大学入試はいまだに英語民間試験の扱いをめぐって混乱しているが、2024年度以降は間違いなく一段と改革が進む。そのことは教育熱心な保護者は知っている。保護者によっては一般入試の募集人員が縮小され、AO入試(「総合型選抜」に名称変更される)、推薦入試(「学校推薦型選抜」に名称変更される)に募集人員がシフトされることも理解している。

 これまでのような1回のペーパーテストによる選抜が主流ではなく、学力、熱意、適性などを総合的に見る方向へと進んでいくのである。学習だけでなく部活、行事、各種学外活動(海外体験、ボランティア活動、外部コンテスト、外部コンクールなど)、いわば高校時代の全生活が評価の対象になる。

 そうした大学入試の変化を見据えた保護者ほど、学習の多くが大学受験に向けた受験勉強の学校ではなく、多様な「体験」の機会がある学校を選ぶようになってきている。

 前出の「お坊ちゃん・お嬢さん学校」群は、伝統があるだけに施設が充実していたり(蔵書にしても平均的な学校の数倍あったりする)、学習内容が以前から探究型であったり、リベラルアーツ重視であったりする。学校を訪れて、保護者がそうしたことに気が付いたことがもう一つの要因ではないだろうか。

 どこの学校からどこの学校に受験者が動いたという、中学受験の世界内部での見方ではなく、今一歩俯瞰的に眺めると気づくことがある。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス