ライフ

「置くだけ」から「押すだけ」へ、ブルーレット50年の歴史

直接貼るタイプが主婦に大ヒット

『ブルーレット お・く・だ・け♪』のCMでおなじみの小林製薬の『ブルーレット』は、今年で発売50周年。

 年間約1億個を売り上げる国民的アイテムは、日本のトイレ変遷と共に進化を続けてきた。

『ブルーレット』が誕生したのは1969年、当時日本のトイレは汲み取り式が主流で、水洗トイレは20%程度だった。いち早くトイレの欧米化に着目した小林一雄さん(現・代表取締役会長)は、タンクの中に吊るし、水を流すだけでトイレ掃除ができる『ブルーレット』を4年かけて開発した。

 鮮やかな青い水は衝撃を与えた。同社の藤江昌広さんは、「ブルーレットはトイレと共に進化してきました」と話す。

「1970年代後半から手洗い付きタンクが普及し、1986年にはタンクの上に“置く”タイプを発売。健康志向の高まりと共に、2001年に青い水を無色透明に変えたら大好評でした」(藤江さん)

 しかし、タンクレス型のトイレの増加に伴い、年々売り上げは減少傾向に…。そこで、2015年に新たに登場したのが便器に直接押して貼るタイプの『スタンピー』だ。

「花の形がかわいい、掃除の後に押すのが楽しみ、黒ズミ汚れが減ったと、20~30代の新しいお客様が増え、発売後は生産が追いつかないほど」(藤江さん)

 5年連続で売上は伸び続け、トイレに咲く花は大人気だ。

◆1969年
 トイレタンクの中に吊るしておくと薬剤が水に溶け、青い水になって便器を洗浄。ブルー+トイレットで『ブルーレット』と命名された。

◆1986年
 手洗い付きタンクの普及に伴い、タンクの上に“置く”スタイルが主流に。ブーケとレモンの香りの2種類。

◆2001年
 尿や便の色を確認したいという人が増え、青い水から無色透明に。泡立ちがよくなり、洗浄効果もアップ。

◆2014年
『ブルーレットデコラル』の売上の半分はインバウンド需要で、お土産にする中国人が多いそう。クマのボトルを押すと花形のジェルが出る。(7.5g×3 389円)

◆2015年
 便器表面に貼り付けておくと、さわやかな香りが広がる。除菌効果をプラすしてよく清潔に、黒ズミなどの汚れを抑えてくれる。1回の使用で持続期間は約1週間。1本で4回分。(28g 324円)

※女性セブン2019年3月14日号

関連キーワード

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン