• TOP
  • 国内
  • ひと目で分かる「皇位継承」の儀式のすべて

国内

2019.03.15 07:00  SAPIO

ひと目で分かる「皇位継承」の儀式のすべて

◆11月14日、15日 大嘗祭(大嘗宮の儀)
 皇位継承に伴う一世に一度の重要な祭礼。即位後初めて新穀を大嘗宮で神々に捧げ、新天皇自身がこれを食され、国家国民の安寧と五穀豊穣などを感謝し祈念する。

◆11月16日、18日 大饗(だいきょう)の儀
 大嘗祭の後、新天皇が宮殿で参列者に酒肴などをふるまわれる。

◆日程未定 即位礼及び 大嘗祭後親謁の儀
 即位礼及び大嘗祭の後、伊勢の神宮、神武天皇山陵、昭和天皇まで前4代の山陵、宮中三殿に新天皇が参拝される儀式。

【新元号2年(2020年)】
◆4月19日 立皇嗣(りっこうし)の礼
 秋篠宮文仁親王殿下が皇位継承順位1位の皇嗣となったことを国内外に示し祝う儀式。その後、新天皇が皇嗣に会われる「朝見の儀」もある。

※SAPIO2019年4月号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス