• TOP
  • スポーツ
  • ルメールも、外国人騎手はなぜ日本の競馬が好きなのか

スポーツ

2019.03.17 07:00  週刊ポスト

ルメールも、外国人騎手はなぜ日本の競馬が好きなのか

日本を席巻する外国人騎手はなぜ強い?

 いまやクラシックのトライアルが真っ盛り。“本番”に向けて有力騎手の騎乗馬も決まりつつある。外国人騎手も珍しくなくなった。『週刊ポスト』での角居勝彦調教師による連載「競馬はもっともっと面白い 感性の法則」より、お届けする。

 * * *
 2018年のリーディングジョッキーは215勝のC・ルメール、2位も153勝でM・デムーロ。さらに短期免許で来日していたJ・モレイラ騎手は勝率3割5分、連対率5割という驚異的な数字を残しました。

 外国人ジョッキーの活躍を抜きにして、今の競馬は語れません。角居厩舎でも昨年、一昨年とも勝ち頭はデムーロ騎手でした。

 確かな技術で勝ちきってくれるため、馬主さんは自分の馬に彼らを乗せたがります。厩舎としても、馬のポテンシャルを最大限に発揮してくれる期待もあって頼もしい。彼らの乗る馬は人気が上がる傾向にあるので、ファンの方の馬券検討も外国人ジョッキーが中心となるのでしょう。人気馬だけでなく、人気薄の馬を上位に持ってくることもめずらしくありません。

 なぜ、そんなに勝てるのか? 豊富な騎乗経験による引き出しの多さ、特に下半身の筋力の強さ、そして勝負どころを逃さない感性など、外国人ジョッキーの特長は以前にも書きました。

 それ以外に「外国人ジョッキーは日本の競馬が好き」ということがあると思います。

関連記事

トピックス