芸能

吉田拓郎、今度はのどにがん 闘病支えた妻・森下愛子

涙ながらに闘病生活を告白した吉田拓郎(時事通信フォト)

 日曜の深夜11時半からの1時間は吉田拓郎(72才)のファンにとって“聖域”だ。ニッポン放送『吉田拓郎 ラジオでナイト』(日曜午後11時30分~深夜0時30分)は現在、吉田の肉声が聴ける唯一のラジオ番組として、ファンの間で根強い人気を誇っている。

 3月24日の深夜も吉田はハツラツとした声で、7月に開催されるニッポン放送の開局65周年イベントで、約2年ぶりのコンサートを開くことを表明し、ファンを喜ばせた。だが、放送の後半になるとその明るい声は急に改まった重い口調に変わる。

《話したいのは、ぼくがいろいろな病と闘ってきたことについてなんです…》

 それはあまりにも唐突な「がん闘病」の告白だった。

《これは初めてお話ししますが、2014年にぼくののどの声帯に白板症という異物が発見されたんです。(中略)その異物を取って調べたところ、がんがまた発見され、Wパンチを受けてしまいました》

《のどに放射線を当てる放射線治療が2か月間始まりました。治療が終わってから数か月間は放射線の後遺症が残りまして、大変な苦痛を味わうことになって…約半年間、苦痛の日々が続きました。ぼくはその時“もう歌えない”というふうに思いました》

 吉田は長きにわたって病と闘い続けてきた。2003年には肺がんが見つかり、肺の3分の1を切除。手術は成功したものの、歌手にとって大切な肺活量が大幅に落ちてしまった。それでも吉田はボイストレーニングなどさまざまなリハビリに励み、ツアーに復帰できるまでに回復した。

 2007年には《更年期障害、ストレス、うつ病への入り口》とブログで告白し、ツアー後半をキャンセル。2009年のツアーも慢性気管支炎で中止を余儀なくされた。その間、吉田を支え続けたのが、1986年に再々婚した森下愛子(60才)だった。

「2003年の肺がん闘病の時は、病院に泊まり込んで拓郎さんを看病し、自宅に戻ってからも、歩行訓練など過酷なリハビリを続ける拓郎さんを励まし、支え続けました。拓郎さんが原因不明の体調不良に悩まされていた時期は、ツアーに向けて頑張っている拓郎さんをサポートするため、芸能活動をセーブしました。

 実はこの頃、愛子さんのお母さんも倒れ介護施設に入っていました。彼女は夫の看病と母の介護を同時にやっていたのです」(吉田の知人)

 そして、今回初めて明かしたのどのがん闘病を支えたのも、やはり森下だ。

 冒頭のラジオ番組で、そのことを語ろうとした時、吉田は涙で声を詰まらせた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
かかりつけ医の見つけ方(写真/GettyImages)
最高の「かかりつけ医」を見つけるために…チェックすべきは「話し方」
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン