• TOP
  • ライフ
  • 免疫力UP食材 牛肉の赤身、サーモンは赤いほどいい

ライフ

2019.04.02 16:00  女性セブン

免疫力UP食材 牛肉の赤身、サーモンは赤いほどいい

サーモンは「赤い」ほど健康効果が高い!?(写真/アフロ)

「コーヒーを飲むとがん予防になる」「コーヒーを飲みすぎるとがんになる」──両方ともネットやメディアでいわれていることである。つまり、「何を食べれば健康にいいか」の情報はそれだけ諸説あり、あやふやなものだということ。本誌・女性セブンでは食と健康に長年携わってきた識者への取材と統計に基づいた「本当に健康にいい食べ物」を取材した。

 以下、25人の「食と健康のプロ」に「自然治癒力や免疫力を上げる食べ物ベスト5」を挙げてもらい、1位を5点、2位を4点、3位を3点、4位を2点、5位を1点として集計。5点以上を獲得した食品を掲載した。

 その結果上位は、1位は納豆(62点)、2位にんにく(25点)、3位ヨーグルト(23点)、4位しょうが(20点)、5位みそ(19点)という結果となった。

 また、動物性のたんぱく質を摂ることも重要だと識者は続ける。

「たんぱく質は、体をつくるうえでも、免疫力をアップするためにも必須の栄養素です。なかでも魚が有するたんぱく質は消化吸収が効率的なので、胃の弱い日本人には理想的だといえます」

 そう話すのは、管理栄養士の伊達友美さん。

 数ある魚のなかでもいちばん支持を集めたのは、11位のサーモンといわし。決め手になったのは、「脂質」だった。

「これらには良質の脂質である“オメガ3系”と呼ばれるDHA、EPAが多く含まれている。人体の粘膜のバリア機能を強化してくれる働きを持つため、免疫力アップにつながります」

 とくにサーモンにはオメガ3系のほかにもアスタキサンチンと呼ばれる抗酸化成分も含まれる。西台クリニック院長の済陽高穂医師はこう言う。

「アスタキサンチンはサーモンに含まれる赤い色素です。だから赤みの強いサーモンほどアスタキサンチンが豊富で健康効果が高いといえます」

 サーモンに次いでランクインしたさばにもオメガ3系の脂質が含まれている。これらは缶詰でも手軽に摂取できるため、常備しておきたい。

 肉では6位の「牛肉赤身」が圧倒的な支持を得た。皮膚科医で食事による美肌づくりを指導している柴亜伊子医師によれば、「美容に必要な成分がほぼすべて入っている」という。

「牛肉には、美肌とアンチエイジングに必須のたんぱく質、ビタミン、ミネラルがバランスよく含まれています。紫外線などによって生まれた活性酸素を除去する酵素のカタラーゼや、コラーゲンを作るために必要な鉄分が豊富なうえ、髪の毛や皮膚の健康に欠かせない亜鉛が含まれているのも大きなメリットです」

※女性セブン2019年4月11日号

関連記事

トピックス