ライフ

来客も大丈夫! トイレ、洗面所、リビングの片付けテク

蛇口や鏡など光る部分をピカピカに(イラスト/香川尚子)

 新学期や新生活の始まるこの時期は、家庭訪問をはじめ、新しいご近所さんなど、来客の機会が増えるもの。おかしな印象を与えないためにも、家の中は常にきれいにしておきたいものだ。

 しかし、最近の家庭訪問は玄関で話を済ませることが多く、急な来訪の場合は、リビングまで入ってこないケースは多い。とはいえ、トイレや洗面所だけ借りることも考えられるので、必ずチェックしておこう。

 まずは換気をし、便器の中と便座をきれいにするのはもちろん、床掃除も忘れずに。

「トイレは、便座の上げ下ろしやトイレットペーパーを使う時に意外とほこりが出ます。換気扇のほこりが落ちる時もあるので、床掃除の前に、もし余裕があれば、換気扇をさっと拭いておくのもおすすめです」(清掃マイスターの山口かなさん)

 そして、乾いた布で、トイレットペーパーのホルダーや蛇口、鏡など、“光る部分”を磨いておこう。

「光る部分は目が行きやすいので、そこだけでもピカピカにしておくと、全体がキレイに見えます。濡れた布で拭くと拭き跡が残るので、毛羽立ちのない乾いたクロスで磨きましょう」(山口さん)

◆床よりテーブルなど“平面“の片付けを

 一方、リビングも重要だ。

「キッチンカウンターやテーブル、棚の上など、“平面”にモノがなければ、片付いた印象を与えます」(片づけ/整理収納コンサルタントの松本文江さん)

 いくら部屋中を清潔にしていても、平面にモノが置いてあるだけで、雑然として見えるのだという。

「人は床などの低いところより、高いところに目が行きやすいもの。テーブルの上などの平面を優先して片付けましょう」(松本さん)

 平面にモノがたくさん置いてある場合は、「カウンター」や「テーブル」など、場所別に紙袋を作り、そこに置いてあるモノをどんどん入れて、客の目につかない部屋や場所に一時避難させておくのがおすすめ。紙袋に場所の名前を書いておけば、元に戻す時に困らない。

 次に、人の目が行きやすいのはテレビだ。

「テレビの画面は黒いので、ほこりが目立ちやすいんです。乾いたクロスで一拭きしておきましょう」(山口さん)

tommyさんの場合、庭や鉢植えの花をつんで小さなコップに数輪ずつさし、1枚のトレイにまとめおいている

◆座った視線の先にビューポイントを置く

 掃除や片付けが一通り終わったら、客が座る場所に腰をかけて、何が目につくかを見てみるのもいい。

「女性は会話中でもあちらこちらを見渡す傾向にあります。お客様が座る場所から見える位置に、視線を集める“モノ”をあえて置いて視線を誘導するのもおすすめです」(ライフスタイルブログ『tommyの心地よい暮らし~穏やかに、穏やかに~』ブロガー・tommyさん)

 例えば、壁の目立つところに子供の作品や家族の写真を貼る、テーブルに切り花や鉢植えなどを置くなどだ。ただし、飾り方にも注意が必要だという。

「写真や子供の作品は分散して飾るより、1か所にまとめた方がスッキリ見えます。余裕のある時にボードに貼るなどしてまとめておきましょう」(tommyさん)

※女性セブン2019年4月18日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン