ライフ

ツイッターは実名でやるに限る、と考える理由

年金機構は即更迭した(時事通信フォト)

 ネットでの不適切な言動がもとで仕事を失い、賠償などの厳しい現実に直面するのは、「バカッター」や「バイトテロ」で知られる若者たちだけではない。社会的な地位もあり、経済的にも余裕があるいい大人が匿名アカウントでやらかし、身バレしていることが少なくないのだ。ネットニュース編集者の中川淳一郎氏が、ツイッターで思い切った発言をしたい人こそ、実名でやるに限ると訴える。

 * * *
 韓国人や在日に対し、「食糞民族がこれ以上、来日することは、日本の社会不安の増大、特に治安の悪化に直結する」などと、ヘイトスピーチをツイッターに書きまくっていた人物が、世田谷年金事務所の所長であることがバレ、更迭された。様々なメディアに報じられ、彼の名前と愚かな行為はネットに残り続けることに。

 いい年したオッサンだったが、匿名を笠にロクでもない発言をしていた人物が身バレしたら当然炎上はするし職場に抗議電話は殺到。職場にもいづらいだろう。こうした身バレ案件の度に思うのが、「過激なことを言いたいのであれば、ツイッターは実名でやるに限る」ということである。

 今回元所長の身元がバレたのは、実名と所属を明らかにして使っていたインスタグラムの投稿を誤って匿名のツイッターに投稿してしまったことにあるとみられる。

 元所長は、「土井たか子(本名・李高順、昭和三十三年十月二十六日帰化)」なんて在日認定のデマを書く典型的ネトウヨだった。そんな男が身バレした途端、しおらしくなって「傷ついた皆様に深くお詫びいたします」としたうえで、二度と不適切発言をしないと宣言した。

 人は何を思おうが自由だが、公の場に出してはならない言葉というものがある(差別を肯定しているわけではない)。元所長はそうした言葉をこれまで使い続けてきただけに、今回の件では因果応報というか自業自得でまったく同情には値しない。

関連キーワード

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト